@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松村禎三【まつむら ていぞう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松村禎三 まつむら-ていぞう
1929-2007 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和4年1月15日生まれ。池内友次郎,伊福部昭,清瀬保二に師事。昭和30年「序奏と協奏的アレグロ」で日本音楽コンクール1位。44年「管弦楽のための前奏曲」で尾高賞。「千利休」などの映画音楽も手がける。53年東京芸大教授。平成19年8月6日死去。78歳。京都出身。第三高等学校理科卒。作品はほかに「交響曲」「ピアノ協奏曲第二番」「沈黙」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松村禎三
まつむらていぞう
(1929―2007)

作曲家。京都生まれ。1949年(昭和24)旧制第三高等学校理科卒業。池内友次郎(いけのうちともじろう)(1906―91)と伊福部昭(いふくべあきら)に作曲を師事。最初のオーケトスラ作品『序奏と協奏的アレグロ』(1955)が日本音楽コンクール作曲部門第1位となり、注目を集める。『阿知女(あちめ)』(1957)などの初期の作品にみられる、モチーフ(主題)を反復させるオスティナートの手法は、その後の松村の作品に共通する特徴となる。第17回尾高賞を受賞した『管弦楽のための前奏曲』(1968)ではオスティナートが半音階的になり、テクスチュア(音構成原理)は緻密(ちみつ)になっているが、松村はそれをインドやバリ島の音楽やアジアの遺跡に示唆を得たという。70年代に入ってからの作品は、それ以前と比べて原始主義的な性格は退いているが、『ピアノ協奏曲第1番』(1973)、『ピアノ協奏曲第2番』(1978)ではピアノとオーケストラの各パートにオスティナートを担わせて、松村独特の協奏曲のあり方を提起している。ほかに主要作品として合唱曲『暁の讃歌(さんか)』(1978)、『管弦楽の捧げ物』(1989)など。遠藤周作の同名の小説に基づくオペラ『沈黙』(1993)では、ことばの濃(こま)やかな旋律化により緊迫した劇的持続をつくりだした。『忍ぶ川』(1972)、『龍馬(りょうま)暗殺』(1974)、『深い河』(1995)など映画音楽も多数手がけた。1990年(平成2)紫綬(しじゅ)褒章を受章、93年にはオペラ『沈黙』で毎日芸術賞などを受賞。

[楢崎洋子]

『遠山一行著『遠山一行著作集』第1巻(1986・新潮社)』『相沢啓三著『音楽という戯れ』(1991・三一書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松村禎三」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松村禎三の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎アゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation