@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松江藩【まつえはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松江藩
まつえはん
江戸時代,出雲国 (島根県) 松江地方を領有した。慶長5 (1600) 年堀尾忠氏が遠江 (静岡県) 浜松から 24万石で出雲広瀬富田に入封したのに始る。忠氏の没後,同 16年松江城に移ったが,寛永 10 (33) 年3代目の忠晴の没後,嗣子がなかったために除封され,翌年若狭 (福井県) 小浜から京極忠高が 26万 4200石で入封。同 14年京極氏は播磨 (兵庫県) 竜野へ移封し,翌年松平直政信濃 (長野県) 松本から 18万 6000石で入封した。寛文6 (66) 年の綱隆の代に,近栄に3万石 (同国広瀬藩) ,隆政に1万石 (同国母里藩) をそれぞれ分与。以後廃藩置県にいたった。松平氏家門,江戸城大広間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

松江藩
出雲国、松江(現:△島根県松江市▽)本拠地とした藩。関ヶ原の戦いの後、毛利氏に代わり堀尾吉晴が遠州国から24万石で入封。当初富田(とだ)城(月山城)に入ったが、宍道湖北側の亀田山に新たな城を築き、城下町を整備。1611年に居城を移し、城下は松江と呼ばれるようになった。以後の藩主に京極氏、松平氏。松江城は千鳥城とも呼ばれ、国の史跡に指定。天守閣は重要文化財。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

まつえはん【松江藩】
江戸時代出雲(いずも)国島根郡松江(現、島根県松江市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち親藩(しんぱん)。藩校は修道館。1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦い後、浜松藩主の堀尾忠氏(ただうじ)が出雲国・隠岐(おき)国の2国24万石で入封(にゅうほう)。忠氏は父吉晴とともに、亀田(かめだ)山に築いた松江城に11年から移り、城下町を建設したが、3代忠晴(ただはる)に嗣子(しし)がなく断絶。34年(寛永(かんえい)11))に入封した京極忠高(きょうごくただたか)は、天領である石見銀山の大森代官所支配地4万石も預ったが、やはり無嗣のため改易(かいえき)となった。38年、信濃(しなの)国松本藩から松平直政(なおまさ)が18万6000石で転封(てんぽう)(国替(くにがえ))し、以後明治維新まで、家門(かもん)の松平(越前)氏10代が続いた。直政は、次男近栄(ちかよし)に広瀬藩3万石、3男隆政(たかまさ)に母里(もり)藩1万石を与えて支藩とした。鉄をはじめ木綿、朝鮮ニンジン、木蝋(もくろう)の殖産興業を進めたが、財政は苦しく、7代藩主の治郷(はるさと)は家老の朝日茂保(しげやす)とともに「御立(おたて)派の改革」と呼ばれる藩政改革を行って藩財政を立て直した。治郷は茶人(号は不昧(ふまい))としても有名。明治維新の際には、隠岐の島民が蜂起する「隠岐騒動」が起きた。1871年(明治4)の廃藩置県により、松江県を経て島根県に編入された。◇雲州(うんしゅう)藩ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まつえはん【松江藩】
出雲国(島根県)松江に藩庁を置いた藩。初期は外様,中期以降は親藩。1600年(慶長5)堀尾吉晴が出雲・隠岐両国24万石に封ぜられ,能義郡富田城に入る。07年島根郡末次の亀田山に移城を決定,11年に完成移転,以後歴代藩主の居城となった。34年(寛永11)断絶した堀尾氏に代わって京極忠高が入封,出雲・隠岐両国に加えて石見銀山の大森代官所支配地5万石も支配する。次いで京極氏が断絶して,38年結城秀康の三男松平直政が藩主となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

松江藩
まつえはん
出雲(いずも)国島根郡松江(島根県松江市)に置かれた藩で出雲(雲州(うんしゅう))藩ともいう。ごく初期は中規模の外様(とざま)藩であったが、1638年(寛永15)以後は家門(かもん)中藩。1600年(慶長5)毛利(もうり)氏が防長2か国に減封されて出雲からも去り、遠江(とおとうみ)浜松藩主堀尾吉晴(ほりおよしはる)が出雲・隠岐(おき)2か国24万石の領主として入封、戦国大名尼子(あまご)氏の旧城能義(のぎ)郡富田(とだ)城(月山(がっさん)城)に居を定めたが、やがて島根郡法吉(ほっき)郷亀田(かめだ)山に新城を築き城下町を建設、1611年この地へ移った。この新都市はこのころ「松江」とよばれるようになった。堀尾氏は3代続いたが、1633年(寛永10)忠晴(ただはる)が死ぬと嗣子(しし)なく断絶、翌年若狭小浜(わかさおばま)藩主京極忠高(きょうごくただたか)が松江に移って出雲・隠岐(おき)2か国を支配したが、1637年に病死、京極氏はいったん除封された。かわって翌年親藩大名松平直政(なおまさ)(越前(えちぜん)家)が信濃(しなの)松本から松江に移り、以後、綱隆(つなたか)、綱近(つなちか)、吉透(よしとう)、宣維(のぶすみ)、宗衍(むねのぶ)、治郷(はるさと)、斉恒(なりつね)、斉貴(なりたか)、定安(さだやす)と続き明治に至った。
 領地は出雲一国で公称18万6000石であったが、『寛文朱印留(かんぶんしゅいんとめ)』によれば1664年(寛文4)の実高は500か村28万石余となっている。1666年長男綱隆が襲封したとき、二男近栄(ちかよし)に広瀬3万石、三男隆政(たかまさ)に神戸(かんべ)(母里(もり))1万石を分与し、この3家は出雲国内で廃藩置県まで続いた。出雲一国の支配とは別に幕領の隠岐一国が1688年(元禄1)から1720年(享保5)までの間を除き幕末まで松江藩に預けられた。藩政初期には地方役(じかたやく)岸崎左久治(さきゅうじ)が藩の地方支配の基礎を築き、中期には中老小田切備中尚足(おだぎりびっちゅうひさたり)が「延享(えんきょう)の改革」を、ついで家老朝日丹波茂保(あさひたんばしげやす)が「御立派(おたては)の改革」を行っている。7代藩主治郷は中興の名君と称され、不昧(ふまい)と号し茶人として知られる。幕末の1868年(慶応4)には藩預地である隠岐で農民3000人が結集し、郡代以下藩役人が退去させられるという「隠岐騒動」が起こっている。1871年(明治4)廃藩置県により藩領は松江県となり、さらに島根県となった。[松尾 寿]
『『島根県史 8・9』(1930・島根県/復刻版・1972・名著出版) ▽『新修島根県史 通史編』(1968・島根県) ▽上野富太郎・野津静一郎著『松江市誌』(1941・松江市/復刻版・1973・名著出版) ▽『新修松江市誌』(1962・松江市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松江藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松江藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation