@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松皮【マツカワ】

デジタル大辞泉

まつ‐かわ〔‐かは〕【松皮】
松の樹皮。
松皮疱瘡(まつかわぼうそう)」の
松皮菱(まつかわびし)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

松皮 (マツカワ)
学名:Verasper moseri
動物。カレイ科の海水魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつ‐かわ ‥かは【松皮】
〘名〙
① 松の樹皮。
※定家鷹三百首(1539)冬「狩人の恐ろしげにも見えつるはふるき松かはしつるははきに」
③ 「まつかわびし(松皮菱)①」の略。
※延慶本平家(1309‐10)一本「松皮の狩衣の下紫絲威の腹巻着て」
④ 「まつかわびし(松皮菱)②」の略。
※謡曲・調伏曾我(1480頃)「右巴は小山の判官、松皮は小笠原」
※談義本・八景聞取法問(1754)一「外郎松皮(マツカハ)の類自今急度相止」
※雑俳・歌羅衣(1834‐44)三「手もあがる子の松川に筆選み」
⑦ カレイ目カレイ科の海産魚。全長約七〇センチメートル。眼は体の右側にある。有眼側は暗褐色で斑紋があり、無眼側は雌では白く、雄では橙黄色。ひれに黒色の縞がある。美味。千島から茨城沖、日本海北部などに分布。大陸棚の砂泥底に生息する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松皮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松皮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation