@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松羽目物【まつばめもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松羽目物
まつばめもの
歌舞伎舞踊のうち,演出様式舞台装置,衣装などを,楽の形式にならって演じるものをいう。題材もほとんど能,狂言に得ているが,『茨木』など歌舞伎の創作物もある。能に材を得た作は,能取り物,本行 (ほんぎょう) 物ともいう。舞台正面に根上がりの松,左右の袖にを描いた羽目板の装置をしつらえるのでこの名称がある。天保 11 (1840) 年7世市川団十郎が能の『安宅 (あたか) 』を歌舞伎化した『勧進帳』を演じたのがきっかけとなる。明治以後,9世団十郎,5世尾上菊五郎により,『土蜘蛛 (つちぐも) 』『船弁慶』『釣女』などが演じられた。大正期にも,6世菊五郎によって『身替座禅 (みがわりざぜん) 』『棒しばり』などが作られ,いずれもしばしば上演されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まつばめ‐もの【松羽目物】
歌舞伎舞踊の一系統で、狂言表現様式を模したもの。舞台の背景松羽目を用いるのでいう。「勧進帳」「身替座禅」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まつばめもの【松羽目物】
歌舞伎舞踊の一系統。能舞台を模して,正面に大きく根付の老松,左右の袖に竹を描いた羽目板,下手に五色揚幕,上手に切戸口(臆病口)のある舞台装置で演ずるものをいう(ちなみに能舞台では正面の羽目板を〈鏡板(かがみいた)〉といい,松羽目とはいわない)。材はほとんど能,狂言から採り,衣装,演出も能,狂言に準ずる。歌舞伎はその発生期から先行芸能である能,狂言から芸態,演目を摂取していた。しかし歌舞伎舞踊に大きな地位を占める〈石橋物(しやつきようもの)〉(石橋)や〈道成寺物〉など能取りの所作事も,能を直訳的に歌舞伎に移すのではなく,単に題名詞章の一部を借りるのみで,自由な発想ともどき趣向によって換骨奪胎し,みごとに歌舞伎化していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まつばめもの【松羽目物】
能・狂言から題や内容をとり、表現の様式もまねて歌舞伎化した舞踊劇。「舟弁慶」「勧進帳」「素袍落すおうおとし」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松羽目物
まつばめもの
歌舞伎(かぶき)劇の一様式。能舞台を模して、正面に大きく根付きの松、左右の袖(そで)に竹を描いた「松羽目」を背景とし、下手(しもて)(客席から見て左方)に五色の揚幕(あげまく)、上手(かみて)(右方)に臆病(おくびょう)口を配した舞台装置で演ずるものをいう。ほとんどが能または狂言に取材した舞踊劇で、登場人物の衣装と小道具、演出も能・狂言に準ずる。歌舞伎では花道を活用するため、原則として橋懸りはつくらないが、『式三番(しきさんば)』や『橋弁慶(はしべんけい)』など、ときに下手揚幕の近くに欄干(らんかん)をつけ、橋懸りに見立てる場合もある。松羽目物の始まりは1840年(天保11)7世市川団十郎が演じた『勧進帳(かんじんちょう)』。武家式楽だった能楽が幕末にすこしずつ解放されてきた機運に乗じたもので、明治期には演劇改良運動の展開による高尚趣味に添って、5世尾上(おのえ)菊五郎、9世団十郎らにより『土蜘(つちぐも)』『船弁慶(ふなべんけい)』『素襖落(すおうおとし)』などのほか、能にはない題材の『茨木(いばらき)』まで、多くの作品がこの様式により創演された。明治末から大正期にかけても、6世菊五郎、7世坂東(ばんどう)三津五郎らにより『身替座禅(みがわりざぜん)』『棒縛(ぼうしばり)』『太刀盗人(たちぬすびと)』など狂言種(だね)の作品が多くつくられている。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつばめ‐もの【松羽目物】
〘名〙 能を模した新しい歌舞伎舞踊劇の類。舞台の背景に松羽目を用いるほか、すべて能好みにする。天保一一年(一八四〇)三月江戸河原崎座で七世市川団十郎が「勧進帳」を演じたのに始まり、明治になって九世団十郎、五世尾上菊五郎が「船弁慶」「土蜘蛛」などを作って、高尚趣味の観客に迎えられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松羽目物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松羽目物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation