@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松脂【まつやに】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松脂
まつやに
pine resin
脂とロジン (固松脂) の2つに区分される。 (1) 生松脂 天然樹脂の一種。マツ属の樹を傷つけると分泌されるバルサムで,成分は樹脂分 (ロジン) 70~75%,精油 (テレビン油) 18~22%,水その他の不純分5~7%。そのうち樹脂酸は全体の 60~65%となっている。粘稠な液体で,長く放置すると精油成分が揮発して白色固形状になり,淡褐色に着色することもある。エーテル,アルコール,クロロホルム酢酸に可溶,水に不溶。水蒸気蒸留してテレビン油をとり,残部からロジン (固松脂) を得る。皮膚刺激薬として軟膏基剤とする。 (2) ロジン 樹脂酸 (80~97%) を主成分とする淡黄色のガラス様光沢のある塊状物質。表面は粉末でおおわれている。軟化点 80℃,融点 90~100℃。エチルアルコールメチルアルコール,テレビン油に可溶,水に不溶。製紙用添加薬品,ワニス印刷インキ殺虫剤,ゴムの軟化剤および粘着剤などに用いられ,また,絆創膏,硬膏基剤などの医薬品としても使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まつ‐やに【松脂】
などの幹の傷口から分泌される樹脂。特有の匂いがあり、無色ないし淡黄色の液体であるが、揮発成分を失うと固化する。テレビン油を含み、水蒸気蒸留によって除去するとロジンが得られる。松膏(しょうこう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐し【松脂】
まつやに」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうし【松脂】
まつやに。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつやに【松脂】
天然樹脂の一。松などの針葉樹から分泌される粘りけのある液体。独特の芳香がある。固化すると黄褐色のもろいガラス状となる。生松脂なままつやに

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松脂
まつやに
turpentine
天然樹脂の一種。生(なま)松脂とロジンの二通りの意味がある。マツ科の植物の幹に傷をつけるとバルサム(生松脂)が分泌される。特有の強い芳香がある。生松脂を水蒸気蒸留して含有されているテレビン油を除去したのち、加熱して水分を除いて冷却固化した黄褐色のもろい樹脂がロジンである。主成分は樹脂酸(C20H30O2、アビエチン酸とビマル酸)と、一般式CnH2n-10O4のコロフェン酸からなる。ワニス、接着剤、ベルトの滑り止め、紙のサイジング剤などに利用する。特殊な用途としては、松脂とひまし油を混合し加温して得られた粘着物をハエ取り紙に使用したことがあった。[垣内 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐し【松脂】
〘名〙 「まつやに(松脂)」のこと。
※三教指帰(797頃)中「白朮、黄精、松脂、穀実之類、以除内痾」 〔抱朴子〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつ‐やに【松脂】
[1] 〘名〙
① 松の樹幹から分泌する樹脂。無色透明だが、時間がたつと粘り気を増し、白濁して黄色みを帯びた固体ができる。芳香があり、水には溶けないがアルコールなどには溶ける、水蒸気蒸留によりテレビン油とロジンが得られ、塗料溶剤、ニス、医薬品、紙のサイジング剤などに広く用いられる。松膏(しょうこう)。まつやね。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② =ロジン
[2] 狂言。大蔵・和泉流。正月恒例の松囃子の日に、みなが集まって「松脂やにや小松脂やにや」とはやしていると、松脂の精が現われて、自分のめでたいいわれを語り、さらに人々の求めに応じて薬煉(くすね)をねるしぐさをいれながら、めでたく舞い納める。「狂言記」で「松の精」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松脂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松脂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation