@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松花堂昭乗【しょうかどう しょうじょう】

美術人名辞典

松花堂昭乗
江戸前期の書画家・石清水八幡宮摂津生。喜多川、幼名は辰之助、通称滝本坊、別号に惺々翁・南山隠士等。滝本実乗真言密教を学び、滝本坊住持となる。のち退隠し、松花堂というを営む。近衛信尹本阿弥光悦と共に寛永三筆の一人。和歌連歌茶道にも通じ、また狩野山楽に画を学んで独特の清逸な水墨画を能くした。寛永16年(1639)歿、56才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

しょうかどう‐しょうじょう〔シヨウクワダウセウジヨウ〕【松花堂昭乗】
[1584~1639]江戸初期の僧・書画家。和泉国堺の人。号、惺々翁・空識。松花堂は晩年の号。男山石清水八幡宮滝本坊の住職。真言密教を修め、阿闍梨(あじゃり)法印となる。書は寛永の三筆の一人で、御家流大師流を学び、松花堂流を創始。また、枯淡の水墨画を多く描いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松花堂昭乗 しょうかどう-しょうじょう
1584-1639 江戸時代前期の僧,書家。
天正(てんしょう)12年生まれ。京都石清水(いわしみず)八幡宮滝本坊の住職。書は松花堂流,滝本流とよばれる。本阿弥光悦,近衛信尹(このえ-のぶただ)とならんで寛永三筆のひとり。画,茶もよくし,水墨画に「葡萄(ぶどう)に鶏図」がある。寛永16年9月18日死去。56歳。(大阪府)出身。俗名は中沼式部。別号に惺々翁。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しょうかどうしょうじょう【松花堂昭乗】
1584‐1639(天正12‐寛永16)
江戸初期の文人,書家,画人。山城男山八幡宮(石清水八幡宮)滝本坊の真言僧で,俗姓中沼,名は式部といった。20歳で得度し真言密教を修め,阿闍梨(あじやり)法印に至ったが,晩年は滝本坊を弟子に譲り,男山の南に松花堂を営んで小堀遠州,石川丈山,狩野探幽らと交わり,文墨,茶に親しんだ。書は近衛竜山御家流(おいえりゆう)を学び,やがて大師流の書法などをあわせ,瀟洒(しようしや)な書風を完成して本阿弥光悦,近衛信尹とともに〈寛永の三筆〉あるいは〈洛陽の三筆〉とうたわれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうかどうしょうじょう【松花堂昭乗】
1584~1639 江戸初期の書画家。姓は中沼。号は滝本・惺々翁・空識。和泉の人。男山八幡の僧。滝本坊の住持となったが、のち方丈を構え、松花堂と称した。書をよくし、洒脱な水墨画・大和絵を多く描く。収集の茶道具は「八幡蔵帳」に詳しい。松花堂流の祖。寛永の三筆の一人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松花堂昭乗
しょうかどうしょうじょう
[生]天正12(1584).和泉
[没]寛永16(1639).9.18. 山城,伏見
江戸時代初期の学僧,書家,画家,文人,茶人。名は式部。摂津の喜多川氏の出であるというが詳細は不明。慶長5 (1600) 年,山城国石清水八幡宮の滝本坊実乗のもとで社僧となり,昭乗と称して仏法を修めた。実乗の死後は住職となったが,その座を弟子に譲り,同 14年以後は滝本坊の南に松花堂と名づける隠居所を設けて移り,みずからも松花堂と称した。書は初め御家流 (→青蓮院流 ) を学び,次いで空海の大師流を研究,のち滝本流または松花堂流と呼ばれる流儀を完成し,本阿弥光悦,近衛信尹 (のぶただ) と並ぶ「寛永の三筆」の一人として名声を得た。絵は狩野山楽に師事したと伝えられ,さらに牧谿因陀羅に私淑して花鳥画,人物画を得意とした。茶の湯小堀遠州との交歓によって修め,ともに茶の湯芸術の完成に貢献した。書画の主要遺品『和漢朗詠集』 (京都国立博物館) ,『三十六歌仙色紙帖』 (東京国立博物館) ,『僧形八幡像』 (1639,石清水八幡宮) ,『月自画賛』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松花堂昭乗
しょうかどうしょうじょう
(1584―1639)
江戸初期の僧。書画をよくした。堺(さかい)の人で、幼名を辰之助(たつのすけ)、のち式部と改める。17歳で男山石清水八幡宮滝本坊(おとこやまいわしみずはちまんぐうたきもとぼう)の社僧となり、実乗(じつじょう)(?―1627ころ)、実弁(じつべん)に師事して真言密教を修め、阿闍梨(あじゃり)となる。のち滝本坊住職となり、法名を昭乗、惺々翁(せいせいおう)、空識(くうしき)と号した。晩年は住坊の南に松花堂を構え、自らの号として、風雅三昧(ざんまい)の隠居生活を送った。和歌、連歌(れんが)に長じ、茶道をたしなむ文化人として聞こえたが、書画骨董(こっとう)の鑑識にも優れ、蒐集(しゅうしゅう)した茶器は「八幡(やわた)名物」として知られている。また大師(だいし)流の書をよくし、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)、近衛信尹(このえのぶただ)とともに「寛永(かんえい)の三筆」の一人に数えられ、その書流は「滝本流」の名で江戸期を通じて長く流行した。画(え)は狩野山楽(かのうさんらく)に学んだといわれ、彩色画もよくしたが、晩年には洒脱(しゃだつ)な水墨画を多く描いた。[神崎充晴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうかどう‐しょうじょう ショウクヮダウセウジョウ【松花堂昭乗】
江戸初期の真言宗学僧。能筆家で寛永三筆のひとり。俗姓は中沼。名は式部。別号は惺々、空識。摂津国堺の人。石清水男山八幡の社僧となり、晩年は八幡宮の泉坊に松花堂を営んで移り住んだ。書道松花堂流の開祖。また、水墨画や彩色画にも長じ、茶人としても著名。天正一二~寛永一六年(一五八四‐一六三九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

松花堂昭乗
しょうかどうしょうじょう
1584〜1639
江戸初期の文人・書画家
堺の人。石清水 (いわしみず) (男山)八幡宮滝本坊の社僧。近衛信尹 (のぶただ) ・沢庵・林羅山らと交わり東山文化継承。書は寛永三筆の一人に数えられ,水墨画・大和絵・茶道にも長じた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松花堂昭乗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松花堂昭乗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation