@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松陰【マツカゲ】

デジタル大辞泉

まつ‐かげ【松陰/松影】
松の木かげ。
松の木の水面などに映った姿。
「―の清き浜辺に玉敷かば君来まさむか清き浜辺に」〈・四二七一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松陰 しょういん
1436-1518 室町-戦国時代の僧。
永享8年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)長楽寺住持をつとめ,晩年武蔵(むさし)榛沢(はんざわ)郡(埼玉県)増国寺を中興。岩松家の陣僧をつとめ,家純(いえずみ)以後4代や執事の横瀬家の事績をしるした「松私語」(「五十子記(いかつこのき)」)をのこした。永正(えいしょう)15年6月15日死去。83歳。号は真西堂松陰軒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

しょういん【松陰】
吉田よしだ松陰

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐いん【松陰】
〘名〙 松の木の陰。
※田氏家集(892頃)上・遊山寺「遊蕩不世事侵、起於苔面松陰」 〔李山甫‐方干隠居詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松陰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松陰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation