@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松風物【まつかぜもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松風物
まつかぜもの
歌舞伎舞踊および日本音楽の一系統。の『松風』に取材したもの。宝暦7 (1757) 年 11月初演の壕越二三治作『松似候 (まつににてそろ) 男姿』 (常磐津) をはじめ『徒髪 (いたずらがみ) 恋曲者』 (富本) など種々作られたが,現在伝わる代表作には『今様須磨の写絵』 (清元) ,『恋男調松風』 (長唄) がある。変化舞踊の『汐汲 (しおくみ) 』 (長唄) は松風の汐汲のだけを独立させて舞踊化したもの。ほかに松風を海女小藤に替えた傍系のものもいくつかあり,浄瑠璃の『行平磯馴松』の大詰を舞踊化した『浜松風恋歌 (こいのよみうた) 』 (長唄) が残っている。浄瑠璃では,近松門左衛門作『松風村雨束帯鑑 (そくたいかがみ) 』が最も古く,初演は宝永2 (05) ~3年とされ,そのあと『行平磯馴松』『倭仮名在原系図』が作られた。地歌には佐渡島伝八作詞,岸野次郎三作曲の三下がり物『古松風』,これを改変した二上がり物の『新松風』 (『京松風』) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まつかぜ‐もの【松風物】
浄瑠璃歌舞伎歌謡などで、謡曲松風」に取材した作品。義太夫節「松風村雨束帯鑑」、長唄汐汲」、清元節「今様須磨の写絵」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まつかぜもの【松風物】
能の「松風」を題材として作られた歌謡・浄瑠璃・歌舞伎舞踊などの総称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつかぜ‐もの【松風物】
〘名〙 能「松風」を典拠とする浄瑠璃、歌舞伎、音曲の総称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松風物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松風物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation