@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松風【まつかぜ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松風
まつかぜ
(1) 能の曲名。三番目物。田楽能『汐汲 (しおくみ) 』に基づく観阿弥の原作を世阿弥改作したもの。古くは『松風村雨』ともいう。旅が,須磨在原行平の愛人であった村雨という2人の海女の亡霊に会い,特に松風の霊は恋慕のあまり狂おしくなって,形見の衣装を着けて舞う (中の舞) と思うと夢がさめ,ただ松風の音ばかりがしていたという内容。世阿弥自身,会心の作としている曲。歌舞伎浄瑠璃にも松風,村雨を扱ったものが多い。 (2) 地歌・箏曲の曲名。 (a) 『古松風』『大阪松風』ともいう。岸野次郎三作曲,佐渡島伝八作詞。三下り。今日ではほとんど演奏されない。 (b) 『新松風』『京松風』ともいう。作曲者未詳。 (a) を原曲とする。二上り。 (3) 山田流箏曲。奥歌曲。1世中能島検校と3世山検校の合作。長瀬勝男一 (かつおいち) の協力を得たともいわれる。作詞は,一説に宇和島藩伊達家から島原藩松平家にとついだ姫君 (北白川能久親王妃富子か) 自身,あるいは夫に死に別れた姫君を慰めるために,里親が箏商重元に「松風」というの箏を作らせ,その箏にちなんで詠んだ詞章に曲がつけられたとする説もある。箏の手法や各部の名称などを縁語として詞章に綴りながら,死別した夫を偲ぶ心を歌い,砧地を合せる「砧」の合の手,「楽」の手など,器楽的なおもしろさが聞きどころとなっており,よく演奏される。箏は半雲井調子から四上り平調子。三弦は本調子から三下りを経て,本調子に戻り二上りで終る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐ふう【松風】
松に吹く風。松籟(しょうらい)。松韻(しょういん)。まつかぜ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつ‐かぜ【松風】
松に吹く風。松籟(しょうらい)。
茶の湯で、釜の湯の煮え立つ音。
和菓子の一。小麦粉に砂糖を加えて溶き、平たく焼いて、表に砂糖液を塗りケシ粒やゴマを散らしたもの。
[補説]作品名別項。→松風

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつかぜ【松風】[曲名・書名]
謡曲。三番目物観阿弥作、世阿弥改作。古今集などに取材。昔、在原行平に恋をした須磨の海女(あま)の姉妹、松風と村雨の霊が現れ、思い出を語って狂おしく舞う。
箏曲(そうきょく)。山田流。初世中能島松声・3世山木大賀が明治初年ごろ作曲。宇和島の伊達家から島原の松平家へ嫁した姫君が、夫に死別後、思い出を箏歌(ことうた)にしたもの。
源氏物語第18巻の巻名。光源氏31歳。明石の上上洛源氏は明石の上を訪問し、紫の上がそれを嫉妬(しっと)することなどを描く。
俳人・小説家の石塚友二による短編小説。自身の結婚生活を題材とする。昭和17年(1942)、雑誌「文学界」2月号に発表、芥川賞候補作となる。第9回池谷信三郎賞を受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

まつかぜ【松風】
①和菓子の一種。小麦粉・砂糖・水あめ・白みそなどを混ぜ合わせ、上になる面にけしの実やごまなどを散らし、天火などで焼いたもの。カステラのようにスポンジ状に作って切り分けるもの、せんべいのような薄い板状のものなどがある。◇「松風」「浦」「寂し」が縁語などとして慣用的に用いられることから、「浦」と「裏」を掛けたもの。京都で作られはじめ、表は焼き色が濃く、けしの実を振って趣があるが、裏は模様もなく「うら寂しい」ので名づけたという話が、江戸後期の田宮仲宣の随筆「東牖子(とうゆうし)」(1803年、叢書『橘庵漫筆』所収)に収められている。
②「松風焼き」の略。「鳥松風」のように用いる。⇒松風焼き

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

松風
正式社名「株式会社松風」。英文社名「SHOFU INC.」。精密機器製造業。大正11年(1922)「松風陶歯製造株式会社」設立。昭和58年(1983)現在の社名に変更。本社は京都市東山区福稲上高松町。歯科用材料・機器製造会社。業界大手。人工歯研削材・歯科用合成樹脂などを製造。中国に販売拠点を展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード7979。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まつかぜ【松風】
日本の芸能・音楽の曲名。在原行平と松風・村雨の伝説に基づくものと,それとは無関係のものとがあり,また,この曲名ではないが,同一素材に基づくもので,松風村雨物と統括されるものもある。(1)能 三番目物鬘物(かつらもの)。古作の《汐汲(しおくみ)》を原拠にした観阿弥作の能に,世阿弥が改作の手を加えたもの。シテは海人(あま)松風の霊。旅の僧(ワキ)が須磨の浦を訪れる。月の美しい秋の夜で,2人の若い女の海人(シテ・ツレ)が,月影を乗せた汐汲み車を引きながら,浜辺の夜景をめでて塩屋に帰って来る(〈上歌(あげうた)・下歌(さげうた)・ロンギ〉)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうふう【松風】
松の木に吹く風。まつかぜ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつかぜ【松風】
松を吹く風。
茶の湯で、釜の湯の煮え立つ音。まつかぜのおと。
和菓子の名。小麦粉を溶かして平たく四角に焼き、表に砂糖の液をぬり、ケシの実を散らしたもの。 裏には何もつけないので、浦さびしの意から名づけたという

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつかぜ【松風】
能の一。三番目物。世阿弥ぜあみ改作。「わくらはに問ふ人あらば須磨の浦に藻塩たれつつ侘ぶと答へよ」という在原行平の歌を主軸に、行平を恋慕する二人の海女あまの姉妹、松風と村雨の情熱を、夢幻能の構成で幽玄に脚色する。
能の「松風」に基づいた浄瑠璃・歌舞伎の通称。浄瑠璃「松風村雨束帯鑑」「行平磯馴松ゆきひらそなれのまつ」など。
山田流箏曲の一。初世中能島松声・三世山木大賀作曲。銘を「松風」という琴にちなんだ追善物。また、生田流にも二曲の同名異曲がある。
源氏物語の巻名。第一八帖。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

松風 (マツカゼ)
動物。マルスダレガイ科の貝

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐ふう【松風】
〘名〙 松に吹く風。まつかぜ。松籟(しょうらい)
※懐風藻(751)春日〈巨勢多益須〉「松風催雅曲、鶯哢添談論」 〔南史‐陶弘景伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつ‐かぜ【松風】
[1] 〘名〙
① 松の梢を吹く風。松の梢に当たって音をたてさせるように吹く風。
※万葉(8C後)三・二五七「天降(あも)りつく 天の香具山 霞立つ 春に至れば 松風(まつかぜ)に 池浪立ちて」
② 薫物の名。種々の調合例がある。
※五月雨日記(1479)「まつ風。〈略〉右の薫物の香、いにしへの侍従などやうにきこえ侍り。にほひすがりまであしからず」
③ 干菓子の一つ。小麦粉を溶かして、厚く平たく焼き、表に砂糖の液をぬり、けし粒をつけたもの。
※雑俳・柳多留‐五(1770)「自身番まつ風などの屑を買」
④ 茶の湯で、茶釜の湯のにえたぎる音をいう。
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「京出来の古い鉄瓶で、やはらかい松風の音がしてゐた」
[2]
[一] 謡曲。三番目物。各流。古い能の「汐汲(しおくみ)」をもとにした観阿彌の原作を世阿彌が改作したという。「熊野(ゆや)」とともに女物の典型的作品。古名「松風村雨」。旅僧が須磨の浦を訪れ、汐汲車を引きながら塩屋にもどってきた二人の海人(あま)の少女に宿を請う。僧がこの暮れ方に在原行平の古跡の松を弔ったことを語ると、二人は涙を流して自分たちは行平に愛された松風・村雨という海女の霊だとあかし、当時の有様を語る。そのうちに松風は恋慕のあまり狂気して、行平の形見の烏帽子狩衣(えぼしかりぎぬ)をつけて舞を舞う。
[二] 能「松風」に基づく歌謡、舞踊、戯曲などの通称。
① 富本。松井由輔作詞。名見崎喜惣治作曲。本名題「徒髪恋曲者(いたずらがみこいはくせもの)」。寛政八年(一七九六)江戸桐座初演。のち、一部は清元に移調された。
② 地唄。生田流。元祿(一六八八‐一七〇四)ころの芝居唄作者岸野次郎三作曲。佐渡島伝八作詞。三下り。
[三] 箏曲。山田流。明治初年に三世山木大賀・初世中能島松声作曲。四国伊達家の息女が夫に死別してもどってきたのを慰めるために作られた琴(銘は松風)にちなんだもの。
[四] 「源氏物語」第一八帖の巻名。源氏三一歳の秋。明石上が上洛して大井の山荘にはいる。源氏の明石上訪問がやっと実現するが、紫上は嫉妬(しっと)する。しかし、明石姫君を紫上の養女とする計画には紫上は喜んで賛成することなどを中心に描く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

松風
まつかぜ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
元禄13(京・坂田藤十郎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松風
(通称)
まつかぜ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
徒髪恋曲者 など
初演
寛政8.11(江戸・桐座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation