@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

板取【いたどり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

板取
いたどり
岐阜県中南部,関市北西端の旧村域。両白山地の南斜面,長良川の支流板取川の上流域にある。 1889年村制。 2005年市に編入スギヒノキなどの産地。かつて和紙の産地として知られた。川沿いに川浦渓谷,21世紀のなどの行楽地があり,キャンプ場も多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

板取
いたどり

岐阜県中南部、武儀郡(むぎぐん)にあった旧村名(板取村(むら))。現在は関市の北西部を占める地域。旧板取村は2005年(平成17)武芸川(むげがわ)、武儀(むぎ)2町、洞戸(ほらど)、上之保(かみのほ)2村とともに関市に編入合併。旧村域は、長良(ながら)川の支流板取川の上流部にあたり、北は福井県に接する。標高1000メートル以上の山を抱える広大な山地に囲まれ、スギの造林地も広く、集落は川沿いに点在する。南部を国道256号が通り、岐阜方面からの交通の便も開け、板取川の清流沿いにはキャンプ場が多く、夏を中心に春から秋にかけて訪れる人が多い。また繊維、縫製、研磨などの工業も導入されている。

[上島正徳]

『渡辺賢雄著『板取村の歴史』(1967・郷土史発行後援会)』『『板取村史』(1982・板取村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

板取」の用語解説はコトバンクが提供しています。

板取の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation