@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

枕獅子【マクラジシ】

デジタル大辞泉

まくらじし【枕獅子】
歌舞伎舞踊。長唄本名題英獅子乱曲(はなぶさししのらんぎょく)」。寛保2年(1742)江戸市村座初演。石橋物(しゃっきょうもの)の一。前ジテは傾城姿で手獅子を持って踊り後ジテは牡丹笠をつけて狂いになる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まくらじし【枕獅子】
歌舞伎舞踊。長唄。本名題《英獅子乱曲(はなぶさししのらんぎよく)》。1742年(寛保2)3月江戸市村座で初世瀬川菊之丞により初演作詞作曲不詳。初演のものとは思われないが相当古い振りが伝承されている女方石橋(しやつきよう)の一。最初のくだりにづくしの詞章で傾城が枕を持って踊るところから,この名がある。前ジテの川崎音頭眼目。後ジテは女方の獅子の狂いとなる。この曲を改綴したものが《鏡獅子》で曲調は酷似している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

枕獅子
まくらじし

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。本名題(ほんなだい)『英獅子乱曲(はなぶさししのらんきょく)』。作者不詳。1742年(寛保2)3月、江戸・市村座で初世瀬川菊之丞(きくのじょう)が初演。歌詞のなかに枕尽くしの文句があるのが通称の由来で、現存する「石橋(しゃっきょう)物」では最古の曲である。ただし、曲だけが残り、振(ふり)は長く絶えていたのを6世中村歌右衛門(うたえもん)が7世藤間勘十郎の振付けで復活。前半は傾城(けいせい)姿で手獅子を持って踊り、後半は同じ姿で肌脱ぎになり、牡丹笠(ぼたんがさ)をつけて獅子の狂いになる。遊里情緒にあふれた内容で、あくまでも女方(おんながた)の踊りである。なお、明治にできた『鏡獅子(かがみじし)』(1893)は、歌詞も曲も多くの部分をこの作品から取り入れている。

[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まくらじし【枕獅子】
歌舞伎所作事。長唄。作詩・作曲不詳。本名題「英獅子乱曲(はなぶさししのらんぎょく)」。寛保二年(一七四二)江戸市村座初演。傾城姿で手獅子を持っての所作から、牡丹笠をつけて獅子の狂いになる。曲の初めに枕づくしがある。女方の演じる石橋(しゃっきょう)物の代表作。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

枕獅子
〔浄瑠璃〕
まくらじし
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治30.7(東京・演伎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

枕獅子
(通称)
まくらじし
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
英獅子乱曲
初演
寛保2.4(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

枕獅子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

枕獅子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation