@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

枕飯【まくらめし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

枕飯
まくらめし
死者の枕元に供える高盛り飯。古くは,土間に新たなかまどを設け,鍋も別にし,のふた1杯のをとがずに炊いた。は残さず茶碗に盛上げ,上にを1本あるいは木とを1本ずつ立てるなど,日常とは異なる供え方をする。多くは喪主などが持して葬列に加わり,棺とともに埋め,また墓所に供える。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まくら‐めし【枕飯】
死者の枕もとに供える飯。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まくらめし【枕飯】
死後ただちに死者の枕もとに供える飯のこと。死者の分だけ玄米を〈外かまど〉で炊き,生前使用の茶わんに高盛りにし,それにはしをつきたてて,北枕に安置された死者の枕もとに供えるのが普通である。野辺送りには施主の妻が持ち,棺とともに埋める。枕飯を霊山詣のための弁当と説明する所があるが,高盛飯にすることといい,はしをつきたてることといい,往生者(貴人)としての死者へ供えられた食物であったと考えられる。【田中 久夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

枕飯
まくらめし

死者の枕元に供える盛り切りの飯。人の死後ただちに、お椀(わん)の蓋(ふた)すり切りの米を、とがずに、日常のかまどとは別に臨時のかまどを設け、鍋(なべ)・釜(かま)に蓋をせずに炊き、炊いただけを茶碗(ちゃわん)に盛るなどの作法がある。茶碗は死者が生前に常用したものを使い、箸(はし)を1本か2本、飯の上に突き立てたり、1本を立て1本を横に挿す例もある。飯の一部を小さな握り飯にして上にのせ、散飯(さば)とよぶ地方もある。日常の食事で、一膳飯(いちぜんめし)や箸を立てることを忌むのは、枕飯を連想するため。枕飯は祭壇に移し、葬列ではお膳にのせて相続人の妻が持つ。墓前に供えるのが一般で、埋葬した上に霊屋(たまや)を設ける場合はその中に入れる。枕団子を伴うことが多い。

[井之口章次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まくら‐めし【枕飯】
〘名〙 死者の枕もと、または墓前に供える飯。まくらいい。
※俳諧・信徳十百韻(1675)「土器三つ四つ行衛ふはふは 枕食ごもくにそふて流るめり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

枕飯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

枕飯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation