@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

林下【りんか】

世界大百科事典 第2版

りんか【林下】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

りん‐か【林下】
〘名〙
① 林のもと。林のほとり。また、特に俗世間から離れた山林の中。
※経国集(827)一〇・春日過山寺観菩薩旧壇〈嵯峨天皇〉「禅扃閉雲春山寒、林下苔封万古壇」 〔世説‐賢媛〕
② 仏語。禅宗で、京都・鎌倉など中央にある大寺(叢林)に対して、地方の大寺をいう。また、禅門・禅宗の意にも用いる。
※臥雲日件録‐文安三年(1446)一二月二三日「雖林下而致公府祈祷

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りん‐げ【林下】
〘名〙
② 「りんげがみ(林下紙)」の略。〔親長卿記‐明応二年(1493)六月一四日〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

林下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation