@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

林家正蔵【はやしやしょうぞう】

世界大百科事典 第2版

はやしやしょうぞう【林家正蔵】
落語家。4代までは林屋と書く。(1)初代(1780‐1842∥安永9‐天保13) 初代三笑亭可楽門下。怪談噺の創始者。戯作も書き,2代鹿野武左衛門(しかのぶざえもん)を名のった。(2)2代 生没年不詳。前身は托善(たくぜん)という禅僧。落語《野ざらし》《こんにゃく問答》の作者。(3)3代は2代の養子が継いだが,のちに離別して2代左楽(さらく)となった。(4)4代は麻布我善坊(がぜんぼう)に住んでいたので,〈我善坊の正蔵〉と呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

林家正蔵
はやしやしょうぞう
落語家。4代目までは「林屋」と書いた。[関山和夫]

初代

(1780―1842)初代三笑亭可楽(さんしょうていからく)門下。怪談噺(ばなし)(妖怪(ばけもの)ばなし)の祖。噺本(はなしぼん)や合巻の著作を残す。[関山和夫]

2代

生没年不明。もと托善(たくぜん)という曹洞(そうとう)宗の僧。『野ざらし』『こんにゃく問答』をつくる。[関山和夫]

3代

初代門人の林正(りんしょう)が継いだといわれるが不詳。[関山和夫]

4代

(?―1872)麻布我善坊(がぜんぼう)に住んだので「我善坊正蔵」といわれた。[関山和夫]

5代

(?―1923)本名吉本庄三郎(しょうざぶろう)。怪談噺の名手。晩年沼津に住み、100歳まで生きたということから「沼津の正蔵」「百歳正蔵」といわれる。[関山和夫]

6代

(1888―1929)本名今西久吉。2代目談洲楼燕枝(だんしゅうろうえんし)門下。桂枝(けいし)、春輔(はるすけ)、小燕枝(こえんし)を経て6代目正蔵を継ぐ。怪談噺を得意とした。[関山和夫]

7代

(1894―1949)本名海老名(えびな)竹三郎。柳家三語楼(さんごろう)門下。柳家三平から小三治を経て7代目正蔵襲名。『源平』『相撲(すもう)風景』『反対車』『素人鰻(しろうとうなぎ)』などを得意とした。昭和30年代、40年代の人気落語家林家三平(1925―80)の父。[関山和夫]

8代

(1895―1982)本名岡本義(よし)。三遊亭三福門下から出発し、4代目橘家円蔵(たちばなやえんぞう)、3代目柳家小さん一門に加わる。福よし、金八、二三蔵(ふみぞう)、円楽、馬楽(ばらく)を経て1950年(昭和25)8代目正蔵襲名。『火事息子』『淀(よど)五郎』などの落語のほか、人情噺、怪談噺、正本芝居噺に優れ、三遊亭円朝(えんちょう)の芸風を昭和50年代まで伝えた。著書も多い。晩年、林家彦六(ひころく)と名のった。[関山和夫]

9代

(1962― )本名海老名泰孝(やすたか)。7代目正蔵の孫。1978年(昭和53)父である林家三平に入門、林家こぶ平を名のる。三平の死後は林家こん平門下。87年真打ち昇進。テレビタレントとして活躍する一方で、古典落語にも精力的に取り組む。2005年(平成17)3月、9代目正蔵襲名。[関山和夫]
『麻生芳伸編『林家正蔵随談』(1967・青蛙房) ▽東大落語会編『林家正蔵集』上下・別巻「正蔵一代」(1974・青蛙房) ▽林家彦六著『正蔵世相談義』『噺家の手帖』(1982・一声社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林家正蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

林家正蔵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation