@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

果実(植物)【かじつ】

世界大百科事典 第2版

かじつ【果実(植物)】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

果実(植物)
かじつ

被子植物の花の雌しべが受粉をして発達する部分には、種子とそれ以外の部分がある。前者は胚珠(はいしゅ)が発達したものであり、後者は多くの場合、子房壁が発達したものである。正確には後者が果実であり、真果(しんか)(真生果実)とよんでいる。したがって、果実の中に種子がある。この子房壁の発達した部分を果皮(かひ)という。この果皮の厚さはいろいろであるが、とくに区別ができるときに、外果皮、中果皮、内果皮という。雌しべは受粉するが、胚嚢(はいのう)の卵(らん)細胞が受精せず、果皮だけが発達する場合には種子のない果実ができる。このようなことを単為結実(たんいけつじつ)(単為結果)という。バナナやパイナップルでは自然にこの現象がおこるが、タネナシブドウやタネナシスイカでは人為的にこのような果実をつくっている。

 広い意味での果実は、雌しべだけではなく、花のその他の部分や、ときには花柄や花序の軸まで果実状になったものも含めていう場合があり、それらを分類することはなかなかむずかしい。この分類法には形態や性質によっていろいろあるが、おもなものを次にあげる。

〔1〕形態学的な分類 (1)真果(真生果実)は、子房壁だけが発達してできた果実で、大部分の果実がこれに属する。(2)偽果(ぎか)は、子房壁以外の部分(花托(かたく)や花軸など)が加わってできた果実で、仮果あるいは副果ともよばれる。

〔2〕果皮の性質による分類 (1)乾果(かんか)は、熟したときに果皮が乾いて、膜質が薄い皮革質になる果実で、乾燥果ともいう。(2)多肉果は、果肉が多肉多汁となる果実である。

〔3〕果皮が裂けるかどうかによる分類 乾果が熟したときに裂ける果実を裂開果(裂果)といい、裂けない果実を不裂開果(開果)といって区別する。

〔4〕形態による分類 構造とは無関係に形態だけからみた一般的な分類である。(1)単果は、一つの花の一つの雌しべ、または二つ以上の離生している雌しべがそれぞれ独立してできた果実をいう。(2)集合果は、一つの花の二つ以上の果実が集まって一つの果実状になったものをいう。(3)複合果は、二つ以上の花からできた果実が互いに癒合して一つの果実状となったものをいう。しかし(2)と(3)は、どこまでの段階をもって一つの果実状とするかについては、意見が分かれ、かなりの幅がある。

 ここでは〔4〕に従って果実の分類を試みる。

[吉田 治]

単果

〔1〕乾果で裂開する果実
(1)袋果(たいか) 離生心皮の雌しべが袋状の果実となったもので、果実の腹部で縦に裂開する。シャクヤクやトリカブトなどがこの例である。

(2)豆果(とうか) 1心皮からなる1本の雌しべからできた果実で、果実の腹と背の両側で裂ける。フジやカラスノエンドウなどがこの例である。

(3)蒴果(さくか) 2心皮以上の多心皮性子房からなり、心皮の境または背部で縦に裂ける。ヤマユリ、キリなどがこの例である。とくに心皮の一部が裂けて孔(こう)ができるものを孔開蒴果といい、オニゲシやツリガネニンジンなどがこの例である。また果実を横に取り巻くように裂け、上部が蓋(ふた)のようにとれるものを蓋果(がいか)といい、マツバボタンやゴキヅルがこの例である。

(4)長角果(ちょうかくか) 細長い4枚の心皮からできた長い果実で、このうちの2枚にだけ種子をつけ、他の2枚は熟して落ちる。アブラナやムラサキハナナズナがこの例である。とくに果実が短く、長さが幅の約2倍に足りないものを、短角果という。ナズナやグンバイナズナがこの例である。

〔2〕乾果で裂開しない果実
(1)痩果(そうか) 果皮が薄く、その中に包まれた1種子があり、1か所で果皮とつながる。キツネノボタンやタンポポなどがこの例である。

(2)穎果(えいか) 痩果に似ているが、果皮と種子が分離できず、薄い皮となり、穎に包まれたままで落ちる。イネやコムギなどがこの例である。

(3)翼果(よくか) 果皮の一部が翼状に張り出している果実で、カエデ類やトネリコなどがこの例である。

(4)堅果(けんか) 堅い革質の果皮があり、その中は1室で1個の種子がある。いわゆる「どんぐり」の類で、クリやシラカシなどがこの例である。

(5)節果(せっか) 豆果のようにしてできるが、裂開せず1室ごとに横に割れて落ちる。ヌスビトハギやオジギソウなどがこの例である。

(6)分離果(ぶんりか)(分裂果) 多くの子房からできていて、熟すと各心皮ごとに離れて分果となる。フウロソウなどがこの例である。

〔3〕多肉果
(1)液果(えきか) 果皮のうちの中果皮がとくに多肉化し、液状となる果実で、ブドウやトマトなどがこの例である。

(2)うり状果(じょうか) 子房室が一つで、側膜胎座をもち、そこに多数の種子のある液果状の果実で、その中心部は繊維状になることが多い。ヒョウタンやカラスウリなどがこの例である。

(3)なし状果(りんご状果) 多くの子房を包む花托(花盤)が肥大して多肉化した果実で、ナシ、リンゴ、ビワなどがこの例である。

(4)みかん状果 中果皮はパルプ状で、内果皮は毛状となり、そこに果汁を蓄えた果実で、ナツミカンやレモンなどがこの例である。

(5)石果(せきか)(核果) 中果皮が多肉化し、内果皮が堅い核をつくる果実で、ウメやオニグルミなどがこの例である。

[吉田 治]

集合果

(1)いちご状果 花托が肥大して多肉多汁になり、表面に多くの痩果をつける。オランダイチゴやヘビイチゴなどがこの例である。

(2)きいちご状果 わずかに肥大した花托にたくさんの石果をつける。キイチゴやカジイチゴなどがこの例である。

(3)ばら状果 壺(つぼ)状の花托が肥大し、花托の内面に多くの痩果が入っている。ノイバラなどがこの例である。

(4)はす状果 花托が漏斗(ろうと)状になっていて、成熟すると、ここに多くの小さい孔ができ、ここに堅果が一つずつ入っている。ハスがこの例である。

[吉田 治]

複合果

(1)いちじく状果 陰頭花序の壺状の部分が多汁多肉となり、内側に子房が発達した小さい果実ができる。イチジクやイヌビワがこの例である。

(2)このほか、複合果にはパイナップル、ウラシヌソウ、ケンポナシなどがある。

[吉田 治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

果実(植物)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

果実(植物)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation