@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

枡網【マスアミ】

デジタル大辞泉

ます‐あみ【×枡網/升網】
建ての一。を誘導する垣網多角形に立て回す身網と、その角に取り付ける袋網からなり、支柱などで固定する。袋網だけ船に引き上げて漁獲物を取り込む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ますあみ【枡網】
垣網(かきあみ)と囲網(かこいあみ),および多角形に屈曲した囲網の角々に取り付けられた囊網(ふくろあみ)からなる網を枡(桝)網とよぶ。囊網の中には漏斗(ろうと)があって,囊に入った魚の逃げるのを防ぐようにしてある。壺網,枡建網,角建網,沖建網ともよばれる。この網は沿岸の浅所や入江,内湾,湖沼などに,2~25尋(ひろ)ぐらいの水深で支柱または碇,土俵を用いて敷設される小規模の定置網である。瀬戸内海,九州北部沿海,三河湾,東京湾などに多く,タイ,サワラハマチニベボラ,イカ,スズキ,ハゼその他浅所にくる雑多のものをとるが,特に瀬戸内海のタイおよびサワラの枡網は規模も大きく,敷設統数,漁獲高の上から重要とされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ますあみ【枡網】
建て網の一。魚を導く垣網と魚を取り囲む囲い網とから成り、囲い網の屈曲部に紡錘形で内部に返しが付いた袋網を付ける。遠浅泥砂の海に支柱などで固定し、タイ・カレイ・エビなどを捕らえる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

枡網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

枡網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation