@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

架線【カセン】

デジタル大辞泉

か‐せん【架線】
[名](スル)
送電線や電話線などを架け渡すこと。また、その線。
電車電力を供給するため、軌道上方にけ渡される電線。がせん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かせん【架線】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かせん【架線】
スル
電線などを架設すること。また、その電線。
電車に動力用電力を供給するために、線路上方に張る電線。鉄道関係者は「がせん」という。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

架線
かせん
電気運転に必要な電力を供給するため、軌道上方に架設した電線類の総称。架空電車線方式は架空複線式と架空単線式に大別される。架空複線式は、2条のトロリー線を軌道上方に架設して電気回路を構成する方式で、トロリーバスに採用されている。架空単線式は、軌道上方に架設したトロリー線と走行しているレールで電気回路を構成する方式で、JRではすべてこの架線方式を採用している。架空単線式には、トロリー線を軌道上方一定の高さに保持する方法により、直接吊架(ちょうか)方式、カテナリー吊架方式、剛体吊架方式などに分類できる。
 直接吊架方式は、支持物に直接トロリー線を支持するもので、トロリー線の高さを一様にすることが困難なため、構内などの中低速区間に採用されている。カテナリー吊架方式は、トロリー線を吊架線などに一定間隔で支持できるため、トロリー線をほぼ一様の高さに架設しうるので、高速運転に適している。剛体吊架方式は、き電線としての電気性能を有した導電形材(たとえばアルミT形材)にトロリー線を支持する方式で、トンネルなどの断面積を小さくする場合に有利であるが、集電装置による架線の押し上げ(ばね作用)がないため、高速になると、集電性能が悪くなる。この方式は、郊外架空単線式鉄道と相互乗り入れする都市地下鉄などに使用されている。[藤原昭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐せん【架線】
〘名〙
① 電柱などに、送電用の電線や通信用の電話線をかけること。また、その線。〔音訓新聞字引(1876)〕
② 電気鉄道で、電気機関車や電車に電力を供給するための電線。鉄道関係者は「がせん」という。
※青電車(1950)〈永井龍男〉C「架線のスパークが軌道の石畳を浮き出した」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

架線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

架線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation