@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

柏崎【カシワザキ】

デジタル大辞泉

かしわざき〔かしはざき〕【柏崎】
新潟県南西部の市。日本海に面し、宿場町として発展。明治時代、石油を産出し、工業が発達。人口9.1万(2010)。
謡曲。四番目物。柏崎の領主の妻が夫の死と一子花若の出家を聞き、狂乱して諸国を巡り、善光寺で花若と再会する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かしわざき【柏崎】
新潟県中部、日本海に面する市。米山よねやまの北東麓にある。電力・機械・食品業などが立地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かしわざき【柏崎】
能の一。四番目物。榎並左衛門五郎原作。世阿弥ぜあみ改作。父の死を嘆いて出家した息子を、愛する者を二人同時に失って錯乱した母が柏崎から探し歩いて善光寺で再会する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

柏崎
かしわざき
能の曲目。四番目物。五流現行曲。狂女物屈指の大曲。難曲でもある。越後(えちご)国(新潟県)柏崎の領主の妻(シテ)は、臣下の者(ワキ)から、鎌倉での夫の客死と、一子花若の出家の報を聞く。狂女となった妻(後シテ)は、善光寺に詣(もう)で、夫の形見を仏に捧(ささ)げ、舞の名手でもあった夫を恋い慕いつつ追善の舞を舞う。花若(子方)がこの寺で修行をしており、親子は互いに変わる姿にあきれつつも、再会を喜びあって終わる。シテの面は深井または曲見(しゃくみ)。榎並(えなみの)左衛門の作を世阿弥(ぜあみ)が改作した能。「悪き所をば除き、よきことを入られければ、皆世子(ぜし)(世阿弥)の作なるべし」と『鵜飼(うかい)』とともに『申楽(さるがく)談儀』に記述がある。世阿弥自筆能本も現存する。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かしわ‐ざき かしは‥【柏崎】
[1] 銭(ぜに)の異称。
※浮世草子・新玉櫛笥(1709)三「青銅鳥目のおさな名を削り助六といひ文七と名乗柏崎(カシハザキ)と呼れ松風と号し〈略〉料足(とうそく)といひ御あしと名つけしは」
[2]
[一] 謡曲。四番目物。各流。榎並左衛門五郎原作。世阿彌改作。越後国柏崎某の妻は、行方不明になったわが子を探して狂女となり、信濃国善光寺で母子が再会する。狂女物の一つ。
[二] 新潟県南西部の地名。北国街道の宿駅、縮(ちぢみ)布行商の中心地として繁栄した。明治期の油田開発を基礎に工業都市として発展。昭和一五年(一九四〇)市制。
[三] 明治四年(一八七一)の廃藩置県により成立した県。越後国の西部に設置された。同六年新潟県に合併。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柏崎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柏崎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation