@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

柏木如亭【かしわぎじょてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

柏木如亭
かしわぎじょてい
[生]宝暦13(1763).江戸
[没]文政2(1819).7.11. 京都
江戸時代後期の漢詩人。名,昶。字,永日。通称,門作。別号,痩竹,一杖閑客,晩晴堂。幕府小普請方大工棟梁の家に生れた。文墨に親しみ,32歳で辞職。後半生を遊歴の人として過した。漢詩市河寛斎に学び,江湖詩社の中心にあって江戸詩壇に清新の風を起した。詩集に『木工集』 (1793) ,『如亭山人藁初集』 (1810) 『如亭山人遺稿』 (22?) がある。また詩と旅と美味との出会いを記した漢文体随筆『詩本草』 (22?) もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かしわぎ‐じょてい〔かしはぎ‐〕【柏木如亭】
[1763~1819]江戸後期の漢詩人。江戸の人。名は昶(ちょう)。通称、門作。市河寛斎門下。その清新な詩風は江戸詩壇に影響を与えた。詩集「木工集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

柏木如亭 かしわぎ-じょてい
1763-1819 江戸時代後期の漢詩人。
宝暦13年生まれ。生家は幕府小普請方の大工棟梁(とうりょう)。市河寛斎にまなび,大窪詩仏(おおくぼ-しぶつ),菊池五山とともに文化文政時代の江戸詩壇を代表した。詩風は南宋風から唐風に転じた。文政2年7月10日死去。57歳。名は昶。字(あざな)は永日。通称は門作。別号に柏山人。著作に「如亭集」,詩集に「木工集」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かしわぎじょてい【柏木如亭】
1763‐1819(宝暦13‐文政2)
江戸後期の漢詩人。江戸の人。名は昶,字は永日,如亭は号。幕府御用達の大工の棟梁の家に生まれたが,のちに家業を人に譲って,詩人として立った。1786年(天明6)市河寛斎に入門して,おりから流行しはじめた南宋詩の平淡な詩風を学び,大窪詩仏,菊池五山とともに,寛斎の主宰する江湖社の有力な成員となった。94年(寛政6)以後は諸方を遊歴するのを常とし,江戸にあるよりは,信濃,越後,伊勢などの地にあることの方が多く,最後は京都で客死した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

柏木如亭
かしわぎじょてい
(1763―1819)

江戸後期の漢詩人。名を昶(ちょう)、字(あざな)を永日、通称を門作、号を如亭という。幕府の小普請(こぶしん)方大工棟梁(とうりょう)の家に生まれる。市河寛斎(いちかわかんさい)に漢詩を学び、江湖詩社(こうこししゃ)の詩人として活躍した。32歳で幕府の大工棟梁を辞職し、以後は各地を放浪し詩や画(え)を売って生活した。文政(ぶんせい)2年7月11日、京都で客死した。遊蕩(ゆうとう)の生涯であったが、清新で叙情的な詩を多く残した。詩集に『木工集(もっこうしゅう)』(1793)、『如亭山人稿初集』(1810)、『如亭山人遺稿』(1822)があり、旅と食物の思い出を詩を交えて綴(つづ)った随筆『詩本草』(1822)などもある。東京都荒川区西日暮里(にしにっぽり)の養福寺に石碑がある。

[揖斐 高]

『揖斐高編『柏木如亭集』(1981・三樹書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かしわぎ‐じょてい【柏木如亭】
江戸後期の漢詩人。名は謙、のち昶。字は永日。通称門彌。江戸の人。小普請方大工棟梁のかたわら、市河寛斎門下として江湖詩社に加わり、清新叙情の詩風で知られた。三二歳で家職を辞し、諸国を遊歴中、京都で客死した。著に「木工集」「如亭山人稿初集」など。宝暦一三~文政二年(一七六三‐一八一九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柏木如亭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柏木如亭の関連情報

関連キーワード

平賀源内アメリカ独立革命イギリス・フランス植民地戦争アメリカ独立革命史(年表)ビュート伯本居宣長ニューフランスラルサ辺境伯オペラハウスサンドウィッチ(伯)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation