@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

染付【そめつけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

染付
そめつけ
陶磁用語。白地の素地に酸化コバルト (→呉須 ) を用いて下絵付けを施し,さらにガラス質の透明をかけて焼き,文様藍色に発色させた陶磁器の日本における呼称。中国では青花 (せいか) または釉裏青という。元代から始り,主要な陶磁技法として発展し,朝鮮,日本,東洋諸国,ヨーロッパ陶芸にも大きな影響を与えた。日本では江戸時代初期に有田で焼かれてから盛んになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そめつけ【染付】
白色の胎土で成形した素地に,酸化コバルト(呉須)の顔料で絵付し,その上にガラス質の透明釉(釉(うわぐすり))をかけ,1300~1350℃前後の火度で焼きあげた陶磁器の日本での呼称。磁器に用いられる場合が多く,文様は上釉の下で藍青色に発色し,染物の藍染(あいぞめ)に色彩効果が似ているため,江戸時代初期ごろからこう呼ばれた。中国では青花(青い文様の),また釉裏青と呼ばれる。 染付は中国で元代に大成され,以後中国陶磁の主要な陶技として発展し,安南(ベトナム),朝鮮,日本など東アジアやヨーロッパの陶芸にも大きな影響を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

染付
そめつけ

陶磁器の装飾技法の一つで、その製品をもさす。白地に藍青(らんせい)色の絵文様のあるもので、中国では青花(チンホワ)(または釉裏青(ゆりせい))とよび、朝鮮半島では青華白磁、英語ではblue and whiteまたはunderglazed blueと称する。白色胎の器面に筆で呉須(ごす)・茶碗(ちゃわん)薬(以上日本)、あるいは回々(かいかい)青(中国・朝鮮半島)とよばれる酸化コバルトを主成分とする顔料で文様を描き、その上に透明釉(ゆう)をかけ、強力な還元炎(1300~1350℃)で焼成した加飾陶磁器である。

 世界で初めて染付を発明したのは中国、ペルシアのいずれかとみられている。ペルシアでは9世紀に錫(すず)白釉の釉下にコバルトで文様を表す染付陶器が試みられたことは確実であり、中国では10世紀には存在していたようだが、ペルシアに先行すると断定することはできない。ペルシアではその後文様の一部に染付を用いることはあっても、大きな発展がみられなかったのに対し、中国では14世紀の元(げん)代後期に画期的なくふうが江南の景徳鎮(けいとくちん)窯(江西省)で進められ、純良の白磁胎に清冽(せいれつ)な青の文様がくっきりと浮かび上がる染付磁器が開発された。俗に「元の染付」とよばれるものがそれで、西アジア伝来の釉薬(蘇麻離青(スマリチン)など)を使って細密画風に竜、蓮池(れんち)藻魚、波濤(はとう)などの文様を大胆かつ細心に濃藍で表す魅力は、とくに外国の貴紳に注目された。東洋はもちろん、西は東アフリカに至る世界各地に輸出されて大好評を博した。ベトナムではすぐその直模が行われ、日本では瀬戸窯が、朝鮮半島では高麗青磁(こうらいせいじ)の窯が、それぞれ従来の技法で形や文様をまねたものをつくりだし、ペルシアのメシェド窯やトルコのイズニーク窯では、16世紀になってから景徳鎮窯の染付磁器を盛んに模倣している。

 しかし元代につくられた景徳鎮窯の染付磁器は、当の中国では文人や宮中で高い評価を得ることもなく、明(みん)代の15世紀初頭に初めて官窯が手を染めてから様式化も進み、宮廷御器として認知された。以後いよいよ洗練されて精妙さと卓抜な発色を得た染付磁器は、名実ともに中国陶磁の代表的存在となり、明清(みんしん)陶磁の基幹となった。

 朝鮮半島で染付磁器を焼造する気運がおこるのは、李朝(りちょう)の15世紀中ごろである。すでに白磁づくりに習熟していた官窯の広州窯(京畿(けいき)道広州郡)などでは、16世紀初頭までには確かに宮廷画師か絵付専門の絵師が染付磁器の絵付に携わるようになっているが、当初は顔料の回々青の入手に困難を極めたようである。そして17世紀には、秋草文などに代表される李朝独特の清雅な絵模様の染付様式が完成した。

 日本では17世紀の初めごろ、それまで輸入されていた中国の染付磁器に刺激されて伊万里(いまり)焼(佐賀県有田町)が初めて染付磁器を手がけた。この初期の染付は「初期伊万里」とよばれ、その雄渾(ゆうこん)で愛憐(あいれん)な絵模様の評価は高い。1659年(万治2)にヨーロッパ輸出が開始されると、陶技は一段と洗練され、和様と中国様の染付様式も確立され、ついで鍋島(なべしま)藩窯、京都、瀬戸などでも製作が始まり、江戸後期には全国各地で焼かれるようになった。

 ヨーロッパでは西アジアの染付陶器の技法を受けて、イタリアのマジョリカ焼やオランダのデルフト窯において陶胎染付が16~17世紀にくふうされ、18世紀後半からは本格的な磁器焼成が始められて近代陶芸の一つの柱となった。

[矢部良明]

『藤岡了一・長谷部楽爾編『世界陶磁全集14 明』(1976・小学館)』『矢部良明著『名宝日本の美術26 染付と色絵磁器』(1980・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そめ‐つき【染付】
〘名〙
① 染物の染まりぐあい。
② 思いそめること。恋しはじめること。
※浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)下「あづまにふかくそめつきの、龍田やおきつしら浪の、太こもつれずけふも又、通ひ木辻の吉田屋の」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そめ‐つけ【染付】
〘名〙
① そめつけること。また、その色や模様、布地など。藍色を用いることが多かった。
※梁塵秘抄口伝集(12C後)一〇「唐綾(からあや)のそめつけなる二衣(ぎぬ)を纒頭(てむとう)にしてき」
② 呉須(ごす)というコバルト顔料で藍色の模様を描き、その上に無色の釉(うわぐすり)をかけて焼いた陶磁器。中国で青花といわれるもの。そめつけやき。
※康富記‐嘉吉二年(1442)八月一日「又大学方へ茶垸一〈染付〉送之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そめ‐つ・ける【染付】
〘他カ下一〙 そめつ・く 〘他カ下二〙
① 染めて色や模様をつける。色や模様を染めだす。
※万葉(8C後)一一・二八二七「紅の花にしあらば衣手に染著(そめつけ)持ちて行くべく思ほゆ」
② 思いや印象を強く心に焼きつける。
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「私の疑惑を強く染(ソ)め付(ツ)けたものの一つでした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

染付
そめつけ
白磁に酸化コバルトの顔料で絵付けし,ガラス質の釉 (うわぐすり) をかけ,高温で焼いた陶磁器
染付は日本での呼称で,中国では青花(青い文様の意)と呼ばれた。中国の元代に大成され,朝鮮・日本・ヴェトナムの陶芸に大きな影響を与えた。江西省の景徳鎮産のものが有名。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

染付」の用語解説はコトバンクが提供しています。

染付の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation