@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

染紙【ソメガミ】

デジタル大辞泉

そめ‐がみ【染(め)紙】
種々の色に染めた紙。いろがみ。
《黄色や紺に染めた紙を用いたところから》仏教の経典をいう斎宮忌み詞。染め草。
「経、仏など忌みて、なかご、―など言ふなるもをかし」〈徒然・二四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そめがみ【染紙】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

染紙
そめがみ

種々の色に染めた紙のこと、またその技術をいう。日本ではすでに奈良時代に高度な発達を遂げ、正倉院には『色麻紙(いろまし)』19巻をはじめ多くのものが残存し、『正倉院文書』には約40種もの紙名がみられる。おもな染色方法には、〔1〕紙を漉(す)く前の紙料繊維に染料を混和する漉き染め、〔2〕成紙(せいし)を染浴(せんよく)(染料を溶いた液)に入れて染める浸(ひた)し染め、〔3〕刷毛(はけ)で塗る引き染め、〔4〕染料液を霧状に吹き付ける吹き染めなどがあり、媒染剤(染料が直接繊維に染着しない場合に使う結合剤)によって変化を出す方法も布の場合と同様である。上代では防虫と美観の目的から写経用紙がおもな用途であった。したがって伊勢(いせ)の斎宮(さいくう)の忌みことばでは「経典」を意味した。

[町田誠之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そめ‐がみ【染紙】
〘名〙
① 種々の色に染めた紙。いろがみ。
※新撰六帖(1244頃)一「心をばよしなき色に染紙のうたて払はでちりつもるらん〈藤原知家〉」
② (黄色や紺色に染めた紙に書いたところから) 仏教の経典をいう伊勢斎宮での忌詞。染草(そめくさ)。〔延喜式(927)〕
③ 雲紙(くもがみ)のこと。〔遠碧軒記〕
[補注]「皇太神宮儀式帳」に「経を志目加彌と云」とあり、異本には「曾目加彌」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

染紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

染紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation