@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

染色糸【せんしょくし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

染色糸
せんしょくし
chromonema
螺旋糸,クロモネマともいう。静止核の中で塩基性色素によって染色される糸状体。有糸分裂のとき染色体の骨組みをつくる。1本の染色体は常に2本の染色糸を含む。中期近くに染色体は2本の染色分体に分れるが,すでに各染色分体中には2本の染色糸が出現する。この2本の染色糸は染色体に発達する。電子顕微鏡的には1本の染色糸 (直径 200~300nm) はさらに2本の細いクロモネマータ (亜染色糸,直径 10~30nm) から成り,これはさらに下級のクロモネマータから成ると考えられている。染色糸は DNA,ヒストン,非ヒストン性蛋白質主成分とする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんしょく‐し【染色糸】
細胞の静止内にあって、塩基性色素に染まる糸状構造のもの。主成分はDNAたんぱく質細胞分裂の際の染色体の骨組みをつくる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんしょくし【染色糸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せんしょく‐し【染色糸】
〘名〙 細胞の核内にあって塩基性色素によく染まる糸状物。デオキシリボ核酸とヒストンその他の蛋白質を主成分とする。細胞分裂が始まると、まわりに基質がついて染色体となる。核糸。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

染色糸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

染色糸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation