@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

柱状晶【ちゅうじょうしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

柱状晶
ちゅうじょうしょう
columnar crystallite
溶融金属鋳型内に注入すると,鋳型表面で結晶核が生成し,結晶がまだ固まらない内部って成長する。その結果,鋳にできる柱状形態をした結晶粒が柱状晶である。これに対し,鋳塊全面にわたって等方的な形態をした結晶粒が観察されるのが,等軸晶である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうじょうしょう【柱状晶 columnar crystal】
結晶の形状の一つで,一つの方向に平行に成長したいくつかの面で囲まれた結晶をいう。固相状態で格子変態をしない純金属または1相の合金の鋳塊の結晶粒組織は,外側から内部に向かって柱状晶が発達している。鋳型に注入された金属の溶融液は鋳型で急冷されるため,鋳型近傍では多数の固相のが生じて微細な等軸晶が形成される。これらの等軸晶の一部は温度こう配(鋳型壁面にほぼ垂直)に平行に成長する。このため柱状晶が形成される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

柱状晶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柱状晶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation