@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

柳亭燕枝【りゅうていえんし】

世界大百科事典 第2版

りゅうていえんし【柳亭燕枝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

柳亭燕枝
りゅうていえんし
落語家。[関山和夫]

初代

(1838―1900)本名長島伝次郎。初代春風亭柳枝(しゅんぷうていりゅうし)門下で、伝枝から真打となって柳亭燕枝と改め、のち談洲楼(だんしゅうろう)燕枝と号した。柳派の重鎮で、三遊亭円朝と並立した人情噺(ばなし)、芝居噺、三題噺の名人で、文才も豊かであったが、円朝に比べると不運な生涯であった。[関山和夫]

2代

(1869―1935)本名町田銀次郎。快楽亭ブラック門下から2代目柳家小さん門下に移り、小山三(こさんざ)、小三治となる。師没後、初代燕枝門下となり、小燕枝から2代目燕枝襲名。初代に倣って談洲楼と号した。[関山和夫]

3代

(1894―1955)本名進藤勝利。8代目扇橋(せんきょう)の子で2代目燕枝門となり、燕之助、小燕枝から5代目都々逸坊扇歌(どどいつぼうせんか)となったが、のちに3代目燕枝を襲名。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

柳亭燕枝 りゅうてい-えんし
談洲楼燕枝(だんしゅうろう-えんし)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

柳亭燕枝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柳亭燕枝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation