@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

柳家柴朝【やなぎやしちょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

柳家柴朝
やなぎやしちょう
(1873―1918)
新内節の演奏家。本名尾山亀次郎(かめじろう)(または亀吉)。富山市生まれで盲人。1884年(明治17)鶴賀(つるが)花太夫に入門し上京、88年師の了承を得て久留米(くるめ)の富士松紫朝(ふじまつしちょう)に入門、紫玉(しぎょく)の名をもらう。のち下関で稽古(けいこ)屋を開いたが、いったん故郷の富山へ帰り、富士松左交を名のって単身で旅回りに出た。96年、横浜・新富亭に出演中、柳亭左楽(りゅうていさらく)の勧めで落語柳(やなぎ)派に加入、翌年の初春から東京府下の寄席(よせ)に柳家柴朝の名で出演し、の名を後年と変えた。弾き語りは盲人特有の渋い音調で、甲(かん)になると絞り出すような声に哀韻切々と迫る情感の魅力があり、その芸風を絶賛する愛好家も多い。明治後期から大正前期吹き込みのレコードによって、そのおもかげをしのぶことができる。[林喜代弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳家柴朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柳家柴朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation