@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

柳家金語楼【やなぎやきんごろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

柳家金語楼
やなぎやきんごろう
[生]1901.3.14. 東京
[没]1972.10.22. 東京
落語家,喜劇人。本名山下敬太郎。父の金勝とともに3世三遊亭金馬の門下で,6歳から高座に上った。小金馬,金三を経て,朝鮮で1年半の軍隊生活をおくった。除隊後その体験を落語化した『兵隊』とそれに続く兵隊物の劇や,ラジオ・レコードの語りで一躍有名になった。 1939年金語楼劇団をつくり,映画,舞台,放送に活躍。第2次世界大戦後もテレビの喜劇タレントとして息の長い人気を保った。 68年喜劇人協会の2代目会長。有崎勉ペンネームで 600本に上る新作落語を書いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やなぎや‐きんごろう【柳家金語楼】
[1901~1972]落語家・演芸作家・喜劇俳優。東京の生まれ。本名、山下敬太郎。筆名、有崎勉。陸軍入隊の経験から「兵隊落語」を自作して人気を獲得。多くの新作落語を書いたほか、映画・舞台の喜劇俳優としても活躍した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

柳家金語楼 やなぎや-きんごろう
1901-1972 大正-昭和時代の落語家,喜劇俳優。
明治34年3月13日生まれ。昔々亭(せきせきてい)桃太郎の兄。2代三遊亭金馬に入門。自作の兵隊落語が好評をえる。昭和15年金語楼劇団を結成し,舞台,映画に活躍。戦後はテレビにも進出した。落語作家,発明家としても知られる。43年喜劇人協会会長。子供に作家・演出家の山下武,ロカビリー歌手の山下敬二郎,女優の有崎由見子。昭和47年10月22日死去。71歳。東京出身。本名は山下敬太郎。筆名は有崎勉。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やなぎやきんごろう【柳家金語楼】
1901‐72(明治34‐昭和47)
落語家。喜劇俳優。本名山下敬太郎。筆名有崎勉(ありさきつとむ)。東京生れ。2代三遊亭金馬門下金勝(きんしよう)の子。6歳で豆落語家金登喜(きんとき)として高座に上がり,小金馬を経て金三(きんざ)で真打ちに昇進した。兵隊をつとめたのち,新作の《兵隊》で人気者となり,金語楼襲名後も自作自演の新作で新境地を開いた。1930年(昭和5),春風亭柳橋と〈日本芸術協会〉を設立した。喜劇俳優としても,舞台,映画,テレビに活躍し,〈喜劇人協会〉会長もつとめた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やなぎやきんごろう【柳家金語楼】
1901~1972) 落語家・喜劇俳優。東京生まれ。本名、山下敬太郎。筆名、有崎勉。兵隊落語で人気を得、映画・舞台にも出演。千以上の新作落語を書く。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

柳家金語楼
やなぎやきんごろう
(1901―1972)
落語家、喜劇俳優。本名山下敬太郎。東京に生まれる。父の金勝(きんしょう)とともに2代目三遊亭金馬門下。金登喜(きんとき)から小金馬(こきんば)となり、師没後に3代目柳家小さん門下となり、金三(きんざ)で真打。大正末から昭和初期にかけて兵隊の体験を生かした「兵隊落語」で売り、金語楼襲名後も自作自演の新作(筆名有崎勉)で活躍。1930年(昭和5)春風亭柳橋と「日本芸術協会」設立。38年に喜劇俳優に転向し、40年に「金語楼劇団」を結成した。舞台、映画、テレビに大活躍し、「喜劇人協会」の会長も務めた。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やなぎや‐きんごろう【柳家金語楼】
落語家。俳優。東京の生まれ。本名、山下敬太郎。始め二代目三遊亭金馬に弟子入り。のち三代目柳家小さん門下。兵隊落語で評判になる。有崎勉の筆名で多くの新作落語を書き、喜劇俳優としても活躍した。明治三四年~昭和四七年(一九〇一‐七二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳家金語楼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柳家金語楼の関連情報

関連キーワード

賄賂罪請託アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世アッタロス朝アルビヌス

他サービスで検索

「柳家金語楼」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation