@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

柳条湖事件【りゅうじょうこじけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

柳条湖事件
りゅうじょうこじけん
1931年9月 18日夜,奉天 (瀋陽) 北部の柳条湖 (柳条溝は当時の報道機関による誤報が流布したもの) で南満州鉄道線路が小爆破された事件で,満州事変発端となった。爆破したのは奉天独立守備隊の河本末守中尉らで,満州での兵力行使の口実をつくるため石原莞爾板垣征四郎関東軍幹部が仕組んだものであった。関東軍はこの爆破を当時北伐に呼応して抗日の色を濃くしていた奉天軍閥張学良軍正規兵によるものとして,「全線全関東軍出動,奉天軍攻撃」の命令を発し,張学良軍の宿営する北大営を砲撃した。そのうえ,林銑十郎が朝鮮軍を満州に越境進撃させるなど,たちまち全満州に軍事行動が拡大した。日本政府は当初不拡大方針を決めたが,のちに関東軍による既成事実を追認し,悪弊をつくった。事件の場には,国際連盟からリットン調査団が派遣されて『リットン報告書』が作成され,日本は国際的にも孤立していった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

柳条湖事件
1931年9月18日、中国東北部の奉天(現在の瀋)郊外にある柳条で南満州鉄道の線路が爆破された。これを機に、現地の日本軍は「爆破は中国側の仕業」として軍事行動を開始、満州事変の発端となった。真相は日本軍の自作自演だった。
(2012-09-18 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

りゅうじょうこ‐じけん〔リウデウコ‐〕【柳条湖事件】
昭和6年(1931)9月18日、柳条湖で日本の関東軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件。関東軍はこれを中国軍の行為として出兵し、満州事変口火を切った。従来、事件発生地は「柳条」とされてきたが、「柳条湖」の誤り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうじょうこじけん【柳条湖事件】
満州事変の発端となった謀略事件。かねて満州(現,中国東北部)の武力占領を画策していた関東軍幕僚の板垣征四郎,石原莞爾(かんじ)らは,1931年6月末,南満州鉄道沿線にある中国軍(東北辺防軍)兵営の北大営付近の柳条湖で9月下旬に軍事行動を起こすことを計画した。しかし企図が政府側にもれたため,予定を繰り上げ,9月18日午後10時20分ころ,独立守備歩兵第2大隊第3中隊の河本末守中尉が柳条湖の満鉄線路に爆薬をしかけ爆発させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

柳条湖事件
りゅうじょうこじけん
1931年(昭和6)9月18日の謀略的満鉄線路爆破事件。満州事変の引き金となった。従来、柳条溝事件と通称されていたが、1980年の中国における学会報告で、事件現場の地名などから柳条湖事件と改称すべきであると提起された。31年3月、宇垣一成(うがきかずしげ)内閣を企図する軍事クーデターが発覚した(三月事件)。関東軍高級参謀板垣征四郎(いたがきせいしろう)大佐や同作戦主任参謀石原莞爾(かんじ)中佐らはすでに満蒙(まんもう)領有計画を作成していたが、三月事件後に石原は「満蒙問題私見」などを執筆、満州で軍事行動を起こし、それを機に国内の軍事的改革を断行する計画を作成した。柳条湖事件はこれらの計画を具体化する謀略であった。関東軍の計画には、軍中央部の参謀本部第一(作戦)部長建川美次(たてかわよしつぐ)中将、同支那(しな)課長重藤千秋(しげとうちあき)大佐、支那班長根本博中佐らも加わっていた。軍事行動は計画の漏洩(ろうえい)により早められ、9月18日に実行された。満鉄線路の爆破といっても、列車の運行に影響を与えないように爆薬量が計算され、爆破を合図に奉天(ほうてん)にいた板垣高級参謀が軍司令官名で奉天城と張学良(ちょうがくりょう)軍の宿営北大営(ほくだいえい)を攻撃させ、19日中には計画どおりの軍事行動で営口(えいこう)、安東(あんとう)、鳳凰(ほうおう)城、長春(ちょうしゅん)など満鉄沿線の主要都市を占領した。さらに計画には朝鮮軍の増援があったが、参謀総長金谷範三(かなやはんぞう)大将が出兵を中止させた。そこで吉林(きつりん)で事件を起こし、吉林出兵を実施、これに伴い朝鮮軍を独断越境させた。これに対し、事件勃発(ぼっぱつ)直後、不拡大方針をとった若槻礼次郎(わかつきれいじろう)内閣は22日の閣議で軍事行動を追認し、予算の支出を承認、さらに24日には軍の行動の正当性を認める声明を発表し、軍の行動を容認した。[君島和彦]
『島田俊彦著『関東軍』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅうじょうこ‐じけん リウデウ‥【柳条湖事件】
昭和六年(一九三一)九月一八日夜、中国遼寧省瀋陽市北郊柳条湖で、同地に駐屯していた日本の関東軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件。関東軍はこれを中国軍の行為と主張して軍事行動を起こし、満州事変の口火を切った。
[補注]当時の新聞報道が「湖」を「溝」と誤り伝えたため、長く「柳条溝事件」と称されたが、一九八二年、中国遼寧大学の学者により究明され改められた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

柳条湖事件
りゅうじょうこじけん
1931年9月18日,奉天(瀋陽)近郊の柳条湖で日本軍が南満州鉄道を爆破した事件
日本軍はこれを張学良軍の行為として軍事行動を起こし,満州事変に拡大した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

柳条湖事件
りゅうじょうこじけん
1931(昭和6)年9月18日,満州事変の発端となった鉄道爆破事件
関東軍が奉天北郊の柳条湖で南満州鉄道の線路を爆破。中国軍のしわざと主張してただちに軍事行動をおこし,満州事変が始まった。政府(第2次若槻礼次郎内閣)はただちに不拡大方針を声明したが,関東軍はこれを無視して戦域を拡大。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳条湖事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柳条湖事件の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation