@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

柳田【やなぎだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

柳田
やなぎだ
石川県北部,能登町北西部の旧村域。能登半島北部,奥能登丘陵内陸部にある。 1889年村制施行。 1995年神野村の一部を編入。 2005年能都町,内浦町と合体し能登町となる。地称は中世以来続く村名より由来。東部を北流する町野川の流域米作が行なわれるほか,シイタケ,クリ,ブルーベリーが栽培され,肉牛が飼育される。長年農業振興に取り組んできたが,過疎化が進んでいる。豊富な山林資源で用材,薪材,竹材,木炭などを産する。国の重要無形民俗文化財「奥能登のあえのこと」は田の神を招く農耕儀礼

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やなぎた【柳田】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

柳田
やなぎだ
石川県北部、鳳至郡(ふげしぐん)にあった旧村名(柳田村(むら))。2005年(平成17)鳳至郡能都(のと)町、珠洲(すず)郡内浦(うちうら)町と合併し、鳳珠(ほうす)郡能登町となり、その北部に位置する。能登(のと)半島北部の内陸村で、旧村域は丘陵地が広い。能登有料道路に接続する大規模農道が貫通する。町野(まちの)川の流域に水田が開け、江戸時代には合鹿椀(ごうろくわん)、久田(きゅうでん)紙を産した。広葉樹が多く製炭地であったが、現在は冬季の出稼ぎが多い。織物・繊維製品、電気機械などの工業、和牛飼育、シイタケ栽培が行われ、特産としてブルーベリーがある。当地の農耕儀礼「あえのこと」は国の重要無形民俗文化財で、ユネスコの無形文化遺産代表一覧表に記載される「奥能登のあえのこと」に含まれる。[矢ヶ崎孝雄]
『『柳田村史』(1975・柳田村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やなぎだ【柳田】
(「やなぎた」とも) 姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やなぎた【柳田】
姓氏の一。
[補説]「柳田」姓の人物
柳田国男(やなぎたくにお)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やなぎだ【柳田】
姓氏の一。
[補説]「柳田」姓の人物
柳田邦男(やなぎだくにお)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柳田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation