@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ヤギ】

デジタル大辞泉

やぎ【柳】
やなぎ。多く他の語と複合して用いられる。「青」「川
「恋しけば来ませわが背子垣内(かきつ)―末(うれ)摘み枯らし我立ち待たむ」〈・三四五五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やなぎ【柳】
ヤナギ科ヤナギ属の落葉樹の総称。一般に湿地に多く、低木または高木で、葉はふつう互生する。雌雄異株。主に早春、花が穂状か尾状につき、種子は白毛があって風で飛び、柳絮(りゅうじょ)という。街路樹や庭園樹などにされ、材は器具・薪炭用。コリヤナギネコヤナギなど多くの種があるが、葉の細長いシダレヤナギをさすことが多い。ヤナギ科の双子葉植物は約350種が北半球の温帯地域を中心に分布し、ケショウヤナギオオバヤナギヤマナラシポプラなども含まれる。 春》「田一枚植ゑて立ち去る―かな/芭蕉
襲(かさね)の色目の名。表は白、裏は青、または萌葱(もえぎ)柳襲
柳色」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やなぎ【柳】[姓氏]
姓氏の一。
[補説]「柳」姓の人物
柳宗理(やなぎそうり)
柳宗悦(やなぎむねよし)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅう〔リウ〕【柳】
二十八宿の一。南方の第三宿。海蛇座頭部にあたる。ぬりこぼし。柳宿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅう【柳】[漢字項目]
常用漢字] [音]リュウ(リウ)(漢) [訓]やなぎ
〈リュウ〉
木の名。ヤナギ。特に、シダレヤナギ。「柳絮(りゅうじょ)柳緑花紅垂柳翠柳(すいりゅう)楊柳花柳界
柳の枝のように細いこと。「柳眉(りゅうび)柳腰蒲柳(ほりゅう)
〈やなぎ〉「柳腰糸柳川柳
[難読]青柳(あおやぎ)柳葉魚(ししゃも)柳川(やながわ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やぎ【柳】
やなぎ。多く他の語と複合して用いる。 青- 垣内かきつ-末うれ摘み枯らし我立ち待たむ/万葉集 3455 やなぎの略か。の字音に由来するとする説もある

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やなぎ【柳】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

柳 (ヤナギ)
植物。ヤナギ科の落葉高木,園芸植物。シダレヤナギの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳 (ヤナギ・ヤギ)
植物。ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木・低木類の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やぎ【柳】
〘名〙 やなぎ。「青やぎ」「川やぎ」など、多く、複合語に用いる。
※万葉(8C後)一四・三四五五「恋しけば来ませわが背子垣つ楊疑(ヤギ)末摘みからしわれ立ち待たむ」
[補注]「やなぎ」の略ともいうが、「や」は「楊」の字音、「き」は「木」とする説、「楊」の字音の末尾にイ音を加えてヤギとした、そのギが「木」に連想されたものとする説などもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やなぎ【柳】
[1] 〘名〙 (「矢の木」の意とも「楊(や)の木」の意ともいう)
① ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木または低木の総称。葉は披針(ひしん)形または円状心臓形。雌雄異株。早春、葉に先だち尾状の花穂をつける。果実は成熟後二裂して冠毛のある種子を散らす。シダレヤナギ・アカメヤナギ・ミネヤナギ・コリヤナギ・ネコヤナギ・シバヤナギなどがある。材は器具・薪炭用。街路樹や庭園樹として栽植される。漢名、柳。《季・春》
▼やなぎの芽《季・春》
※万葉(8C後)五・八二六「うち靡く春の也奈宜(ヤナギ)とわが宿の梅の花とをいかにか別む」
※俳諧・続猿蓑(1698)上「八九間空で雨降る柳かな〈芭蕉〉 春のからすの畠ほる声〈沾圃〉」
※宇津保(970‐999頃)楼上上「いとなややかなるうちきに、やなぎの織物の薄き、織物かさねてきてゐ給へり」
③ 「やなぎごし(柳腰)」の略。
※雑俳・長ふくべ(1731)「柳じゃといふうち娘のしりわいの」
④ 「やなぎいろ(柳色)」の略。
⑤ (風を受けて①が素直になびくところから) 逆らわないで素直なこと。適当に受け流すこと。
※浮世草子・人倫糸屑(1688)短気「夢のうき世の一睡(ひとねふり)何も柳によいやさ」
※合巻・娘金平昔絵草紙(1821)「蔭でそしって目の前では柳とやらにあしらふわい」
⑥ 粥杖(かゆづえ)の異称。
※雑俳・柳多留‐八四(1825)「細腰を柳でたたく十五日」
⑦ 楊枝(ようじ)の異称。
※雑俳・柳多留‐二三(1789)「やなぎと娘こきまぜるやうし見せ」
⑧ 花札で、一一月を表わす札。小野道風と柳に蛙の図柄の二〇点札、柳に燕の一〇点札、および五点札、一点札が各一枚ある。雨ともいう。
[2] 中世、京都の西洞院通仏光寺下ルにあった造り酒屋。また、その屋号。姓は中興(なかおき)。日像に帰依し、家宅を寺とし、柳寺と称した。また、そこで造った酒の銘。特に美味で有名なため、その名はしばしば盗用された。柳の酒。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やなぎ【柳】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅう リウ【柳】
二十八宿の一つ。南方七宿の第三宿。海蛇座のδ(デルタ)星付近の星宿。その形が柳の枝に似ているところから呼ばれる。柳宿。ぬりごぼし。
※二中歴(1444‐48頃か)五「廿八宿〈略〉井鬼柳星張翼軫〈南〉」 〔後漢書‐郎顗伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典


(通称)
やなぎ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
三十三間堂棟由来
初演
享保16.5(大坂・佐渡島座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation