@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

柿渋【カキシブ】

デジタル大辞泉

かき‐しぶ【柿渋】
渋柿の青い果実からしぼりとった赤褐色で、防腐・防水剤として紙・木などに塗る。また、その色。 秋》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

柿渋
熟す前の渋柿の果実を粉砕して搾った汁を発酵、熟成してつくられる赤褐色の液体。防腐効果があり、漁網木材塗料として使われ、紙に塗って乾燥させると防水効果もあるため和傘やうちわなどにも使われてきた。日本酒の清酒を造る際、沈殿を促進するためにも使われているという。
(2013-07-27 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

かきしぶ【柿渋】
渋柿から得られる防腐性の液で塗料,染料に用いられる。製法渋みの強い柿をでつき,それを樽詰めにして,冷暗所をして置すると,発酵し泡立つ。2昼夜をへて圧搾ろ過する。ろ液は〈生渋〉といい,さらにこれを静置して得たうわずみ液が〈一番渋〉で,最上品とされる。次に,生の搾りかすに水を加え,再発酵させて搾り〈二番渋〉を取る。
[利用]
 紙類に塗布し風乾させると防腐性と硬度を増し,紙衣(かみこ),紙布がつくられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かき‐しぶ【柿渋】
〘名〙 渋柿から搾り取った汁。最初に採取したものを一番渋または生渋(きしぶ)、そのかすに水を加えて搾ったものを二番渋という。紙、木、麻などの防腐剤。
※山科家礼記‐康正三年(1457)八月三日「野村よりかきしふのかき上候也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柿渋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

柿渋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation