@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

栄典制度【えいてんせいど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

栄典制度
えいてんせいど
社会に対する功労者の栄誉表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたってしばらくは文化勲章だけが授与されていたが,1963年の閣議決定により翌 1964年春から生存者叙勲が再開された。栄典は,内閣助言承認により天皇が授与するが(憲法7条7号),ほかの国家機関や地方公共団体が授与するものもある。(1) 勲章 今日の叙勲制度は主として 1963年の閣議決定によるが,具体的な叙勲の規定はかつての太政官布・達,詔勅,勅令などによっている。今日も施行されているこの叙勲,勲章の制度は明治8年太政官布告54号(勲章制定ノ件)によって始められたものである。現行の叙勲は大勲位菊花章,桐花大綬章,旭日章,瑞宝章の 4種によって春秋 2度行なわれている。ほかに,外国人に対する儀礼叙勲など特別な場合に女性のみに授与される宝冠章がある。(2) 褒章 現行の褒章は明治14年太政官布告63号(褒章条例)によっている。当初,自己の危難を顧みず人命救助に尽くした者に対する紅綬褒章徳行の卓絶した者に対する緑綬褒章,公衆の利益を興した者に対する藍綬褒章の 3種のみであったが,のち大正7年勅令349号で紅綬褒章に実業に精励した者などが加えられた。また,同勅令349号で公益のために私財を供した者に対する紺綬褒章が,昭和30年政令7号によって業務に精励した者に対する黄綬褒章,学芸上の事績の著しい者に対する紫綬褒章が新設された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいてんせいど【栄典制度】
支配権力による特定個人の表彰は古今東西を問わず広くみられる。中世ヨーロッパにおける領主教会による栄誉表彰は,近代国家の確立とともに〈国家〉によって行われることになった。外国の事例としては,イギリスのガーター勲章,フランスのレジオン・ドヌール,ドイツの功労勲章,アメリカの自由勲章,旧ソ連の赤旗勲章などが有名である。日本の事例としては律令制以来の位階筆頭に,近代では制定順に1875年勲章,81年褒章,84年爵位,90年金鵄(きんし)勲章,1937年文化勲章をあげうる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

えいてん‐せいど【栄典制度】
〘名〙 国家への功労者の栄誉を表彰する制度。第二次大戦後、爵が廃止され、現在は文化勲章と外国人に対する勲章のほか、昭和三九年(一九六四)に復活した生存者叙勲(叙位は故人のみ)がある。いずれも、無特権、受領者一代かぎりが原則。現憲法の規定で、内閣の助言と承認をへて、天皇の国事行為として行なわれる。民間人対象には褒章制度がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄典制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

栄典制度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation