@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

栄養器官【えいようきかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

栄養器官
えいようきかん
vegetative organ
有性生殖とは無関係の器官という含みの用語であって,ことに植物で,花を除いて,総称として用いる。すなわちここでの「栄養」は,栄養素あるいは栄養摂取ということよりは意味が広くて,栄養生殖という場合の栄養である。動物の栄養摂取のための器官は,消化器官あるいは消化器系といわれるのが普通で,栄養器官とはいわない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えいよう‐きかん〔エイヤウキクワン〕【栄養器官】
栄養をつかさどる器官。植物では根・茎・葉などをさし、花などの生殖器官に対していう。動物では、広義には消化呼吸循環排出の各器官を総称し、狭義には口・などの消化器官をさす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいようきかん【栄養器官 vegetative organ】
植物の器官は,生殖に関係する生殖器官とそれ以外の栄養器官とに大別することができる。シダ植物種子植物,すなわち維管束植物の栄養器官には根と茎と葉とがある。根はふつう植物体の地下部にあって植物体を支持し,水や無機塩類土壌から吸収し,また地下部における体内の物質の移動に役だっている。茎はふつう植物体の地上部を支持し,地上部における物質の移動に役だっているが,地下部にあって地下茎となっていることも多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいようきかん【栄養器官】
生物の栄養をつかさどる器官。植物では根・茎・葉の基本器官と、その変形した各器官を、動物では狭義には消化器官、広義には消化・呼吸・循環・排出などの器官をさす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいよう‐きかん エイヤウキクヮン【栄養器官】
〘名〙 生物の栄養をつかさどる器官の総称。動物では呼吸、消化、循環、排出の四器官をさすが、消化器官だけに限る場合もある。植物では根、茎、葉がこれに当たる。〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養器官」の用語解説はコトバンクが提供しています。

栄養器官の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation