@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

栄養繁殖【えいようはんしょく】

世界大百科事典 第2版

えいようはんしょく【栄養繁殖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいようはんしょく【栄養繁殖】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

栄養繁殖
えいようはんしょく
栄養生殖ともいう。広義では無性生殖と同じ意味に用い、配偶子や胞子のような特別の生殖細胞によらない生殖をいう。したがって、単細胞生物の分裂や出芽なども当然含まれるが、普通は多細胞生物の体の一部から新しい個体がつくられる場合に用いられる。このように単一の個体や細胞から無性的に増殖分化して生じた遺伝的に均一な個体をクローンといい、これを得る技術をクローニングという。
 植物では古くより知られ、植物の栄養器官が分かれて増えることは農業園芸にとって、たいせつな増殖法である。地下茎、塊茎、塊根、鱗茎(りんけい)、むかご(ヤマノイモなどの葉の付け根に出るわき芽のうち、別の個体になるもの)など親植物の栄養体の一部が次の世代の植物になったり、挿木、挿葉、取木などによって人工的に次代をつくることもある。オランダイチゴ、ユキノシタ、オリヅルランなどがストロン(葡蔔(ほふく)茎)を出して節の所から芽を出して繁殖し、オニユリ、ヤマノイモなどがむかごをつくって増え、ジャガイモの塊茎(いも)が芽を出し、セイロンベンケイソウの葉が縁に幼芽を出すなど、多くの例が自然にみられる。人工的にも、1958年にアメリカのスチュワードF. C. Stewardがニンジンの根の細胞を培養して新個体のニンジンをつくって以来、成長点の細胞やプロトプラスト(原形質体)から元の個体を得ることができるようになり、栄養繁殖によるクローニングは植物では一般化している。
 動物では、ヒドラやプラナリアが個体の一部より全個体を再生する場合などがあり、栄養繁殖の例としてあげられるが、一般には少ない。また、細胞からクローニングによって栄養繁殖する方法も、1962年にイギリスのガードンJ. B. Gurdonがアフリカツメガエルの腸管細胞の核を取り出して、核を除いた未受精卵に移植して栄養繁殖によってオタマジャクシを得ているが、成功例は少ない。
 栄養体どうしを交雑して雑種をつくることを栄養雑種といい、この方法には接木が用いられるので接木雑種ともよばれる。[吉田精一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えいよう‐はんしょく〔エイヤウ‐〕【栄養繁殖】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいよう‐はんしょく エイヤウ‥【栄養繁殖】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養繁殖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

栄養繁殖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation