@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

栗柯亭木端【りっかてい ぼくたん】

美術人名辞典

栗柯亭木端
大坂一向宗某寺の住職貞柳高弟にして後一家を為す。浪華狂歌栗派のにして共門下に栗洞、義栗その他多数あり。自著の狂歌集多きが「由縁斉狂歌訓」は亡師遺訓と共に斯道の要訳を論ぜり。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

栗柯亭木端 りっかてい-ぼくたん
1710-1773 江戸時代中期の狂歌師。
宝永7年生まれ。浄土真宗の僧。永田貞柳の高弟。師没後の大坂狂歌壇の実力者としておおくの門弟をかかえた。この一派は栗派(りっぱ)とよばれた。安永2年7月7日死去。64歳。編著に「狂歌真寸鏡(ますかがみ)」「狂歌訓」など。
格言など】世の中は何のへちまと思へどもぶらりとしては暮されもせず

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

りっかていぼくたん【栗柯亭木端】
1710‐73(宝永7‐安永2)
江戸中期の狂歌師。大坂の人。浄土真宗の僧侶。永田貞柳の高弟で,師の没後遺訓を守り多くの門弟を擁して活動した。この一派を栗派(りつは)といい,混沌軒国丸の丸派(がんぱ)とならぶ一大勢力を形成した。編著《狂歌真寸(ます)鏡》《狂歌生駒山》《狂歌訓》など。〈悋気(りんき)をばするとに見えぬ顔をして外面(げめん)女房さってもおそろし〉(《狂歌真寸鏡》)。【森川 昭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

栗柯亭木端」の用語解説はコトバンクが提供しています。

栗柯亭木端の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation