@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【クリ】

デジタル大辞泉

くり【×栗】
ブナ科の落葉高木。山地に生え、葉は長楕円形で先がとがる。6月ごろ、黄白色のにおいの強い雄花の穂をつけ、その基部に雌花をつける。種子はふつう3個、いがに包まれた実を結ぶ。種子は食用、材は枕木や建材に、樹皮・いがは染料に用いる。品種が多く、果樹として栽培。クリ属には12種があり、甘栗で知られるチュウゴクグリや、ヨーロッパグリ・アメリカグリなどがある。 実=秋 花=夏》「―食むや若き哀しき背を曲げて/波郷

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りつ【栗】[漢字項目]
人名用漢字] [音]リツ(漢) [訓]くり
〈リツ〉
果樹の名。クリ。「栗子(りっし)」
おののく。「股栗(こりつ)
〈くり(ぐり)〉「栗色栗飯甘栗毬栗(いがぐり)
[難読]団栗(どんぐり)栗鼠(りす)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

くり
?-1728 江戸時代中期の農婦。
甲斐(かい)田中村(山梨県一宮町)の人。おさなくして孤児となり,長じて農民安兵衛にとつぐ。享保(きょうほう)13年の大洪水の際,身動きできぬ病気の夫の側をはなれず,ともに溺死(できし)。幕府にその行為をたたえられ,文政12年(1829)田中村に碑がたてられた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

くり【栗】
ブナ科の落葉高木。山中に生え、また果樹として栽植。雌雄同株。葉は狭長楕円形。六月頃、数個の雌花と黄白色の雄花穂をつけ、秋、いがに包まれた果実は食用。材は重硬で、腐りにくく建築土台・枕木・家具用。 [季] 秋。 《 古寺や-を埋けたる縁の下 /鬼貫 》 〔「栗の花」は [季] 夏。《日高きに宿もとめ得つ-の花/虚子》〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

栗 (クリ)
学名:Castanea crenata
植物。ブナ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

栗[果樹類]
くり
関東地方、茨城県の地域ブランド。
主にかすみがうら市石岡市笠間市で生産されている。茨城県の栗の生産量は全国一。1897(明治30)年頃から栽培がおこなわれいる。現在でも先人から蓄積された栽培技術を用い、高品質な栗栽培が実践されている。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くり【栗】
〘名〙
① ブナ科の落葉高木。また、その実。北海道の南西部、本州、四国、九州の山地に生え、果樹として栽培もされる。幹は高さ一〇メートル、径三〇センチメートルぐらいになる。葉は短い柄のある長楕円形で長さ六~一五センチメートルになり、縁には針状にとがった切れ込みがある。雌雄同株。初夏、長さ一〇~二〇センチメートルの黄白色の雄花穂をつけ、その基部に二~三個の雌花がつく。果実は熟すと裂開する扁球形のいがに包まれており、堅い果皮と渋皮をとり去って食用にする。材は堅く、腐朽しにくいので、建築、船舶、器具、枕木用材とし、またシイタケの培養原木や薪炭材にも使う。樹皮のタンニンは染料および鞣(なめし)革に用いる。栽培種としては本種の他に、アマグリ(シナグリ)、ヨーロッパグリなどが栽培されている。マロン。《季・秋》
※書紀(720)持統七年三月「詔して天の下をして桑・紵(からむし)・梨・栗(くり)・蕪菁(あをな)等の草木を勧め殖ゑ令む」
※万葉(8C後)五・八〇二「瓜はめば 子ども思ほゆ 久利(クリ)はめば ましてしのはゆ」
② ①の木材。栗材(くりざい)
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)六「くりのきばしらを、たうたうとよりこませ、ねびきにさせて」
③ 「くりいろ(栗色)」の略。
⑤ 紋所の名。栗の実に二枚の葉を配したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

栗の関連情報

他サービスで検索

「栗」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation