@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

株主資本【かぶぬししほん】

ナビゲート ビジネス基本用語集

株主資本
株主資本とは、貸借対照表純資産(資本)の部のことを指す。企業の元々の出資額である資本金や経営活動によって生まれた剰余金からなり、この金額が株主の持ち分であることから株主資本ともよばれる。自己資本、純資産とも同義。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かぶぬし‐しほん【株主資本】
自己資本1
平成18年(2006)施行の会社法では、自己資本から「評価・換算差額等」(その他有価証券評価差額金・繰越ヘッジ損益・土地再評価差額金など)を除いたものが「株主資本」(資本金・資本剰余金利益剰余金・自己株式など)とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

株主資本
株主が出資した「資本金」や「資本準備金」、それを使って生じた利益の「利益準備金」や「利益剰余金」のこと。資本金だけではなく、利益準備金や剰余金も、株主等の出資者の持ち分であるという考え方に基づいている。自己資本ともいう。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

会計用語キーワード辞典

株主資本
株主が出資した「資本金」や「資本準備金」、それを使って発生した利益の「利益準備金」や「利益剰余金」のことです。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

精選版 日本国語大辞典

かぶぬし‐しほん【株主資本】
〘名〙 会社の貸借対照表における資本の部をいう。資本金と法定準備金と剰余金からなる。これらの項目はすべて株主の持ち分と考えられることからの呼び名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株主資本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

株主資本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation