@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

核[細胞]【かく[さいぼう]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

核[細胞]
かく[さいぼう]
nucleus
細胞内に存在する,核膜によって囲まれた構造。細菌などの細胞には核膜はなく,核と呼ぶべき特別な構造は見当たらない。核には,遺伝情報を担う DNAが多数の蛋白質RNAとともに収納されている。細胞の活性に対応し,必要な遺伝情報が DNAから伝令 RNA (mRNA) に読み取られる。核の中ではその後 mRNAにさまざまな加工が施され,核膜に開いた穴 (核膜孔) を通って,細胞質へ移動後,蛋白質へと翻訳される。核膜で DNAを包み込みわざわざ区画化した理由は,真核細胞がより綿密で多様な遺伝子の発現調節を必要とするからであろう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核[細胞]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

核[細胞]の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation