@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

核分裂片【カクブンレツヘン】

デジタル大辞泉

かくぶんれつ‐へん【核分裂片】
核分裂過程で最初に生成される核種。一般的に原子核分裂しても質量数が同程度の核種にはならず、質量数にして3:2の割合に分裂することが多い。ウラン235の場合、一方が質量数140程度、もう一方が95程度になる。陽子または中性子の数は、安定した原子核を特徴づける魔法数に近い値をとる傾向がある。核分裂破片一次核分裂生成物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

核分裂片
カクブンレツヘン
fission fragment

核分裂断(破)片ともいう.核分裂によって原子核が二つに割れる際,最初に形成される核種をいう.重い元素は軽い元素よりも陽子に対する中性子の割合が大きい状態で構成されている.そこで核分裂の際,たとえば,ある原子番号 139La と 81Br のような安定な元素より,過剰の中性子を含む 148La と 88Br のような核分裂片が分裂とともに放出,形成される.おのおのの核分裂片は安定になる前に3~4個の β 粒子を放出しながら,β 崩壊する.U-Al合金およびUO2中の核分裂片の飛程はそれぞれ3~5 μm および6~10 μm である.[別用語参照]核分裂生成物

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核分裂片」の用語解説はコトバンクが提供しています。

核分裂片の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation