@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

核磁子【かくじし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

核磁子
かくじし
nuclear magneton
核子の固有スピンに伴う磁気モーメントの量子で,記号は μN 。核子磁子あるいは核ボーア磁子ともいう。原子核の磁気モーメントの量子力学的単位で,次式で表わされる。
ただし hプランク定数Mp は陽子の質量,e電気素量c は真空中の光速度。陽子と中性子の磁気モーメントの測定値はそれぞれ
である。差 μp-μN ,μn-μN を異常磁気モーメントという。この大きい偏差は核子のクォーク構造がおもな原因と考えられる。 μNボーア磁子の約 1/1840 である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく‐じし【核磁子】
原子核や素粒子の磁気モーメントの基本単位。電気素量e、プランク定数h、陽子の静止質量mpとすると、核磁子μNは、eh/4πmp=5.051×10-27J/T(ジュール/テスラ)となり、電子のボーア磁子の約1850分の1の大きさをもつ。陽子、中性子の磁気モーメントは核磁子を単位として、それぞれ、1、0の値をもつはずだが、実際には陽子の磁気モーメントは核磁子の2.79倍、中性子は-1.91倍となる。これらは陽子や中性子が内部構造をもつために生じる異常磁気モーメントと呼ばれる。核ボーア磁子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくじし【核磁子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

核磁子
カクジシ
nuclear magneton

原子核の磁気モーメントの単位.陽子の電荷をe,質量を mpプランク定数hを2πで割ったものをℏとすると,核磁子 μN は,

μNeℏ/2mp = 5.05×10-27 J T-1
で,電子のボーア磁子の約1/1800である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核磁子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

核磁子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation