@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

核種【かくしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

核種
かくしゅ
nuclide
原子核の種類を示す用語。原子番号Z,および質量数Aで区別されている。Zは陽子数に等しく,N=A-Zは中性子数である。Zが同一でAが異なる核種を同位体,Nが同一でAが異なる核種を同調体,Aが同一でZが異なる核種を同重体,AもZも同じで長寿命の異なる核種を異性核 (アイソマー) という。 1995年の時点では 2500以上の核種が知られ,その数は年ごとに増加している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

核種
同じ原子番号をもっていて質量数が違う同位体(例えば炭素12、炭素13、炭素14)のそれぞれを異なる核種という。そのままでは不安定なために放射線を出して安定した状態に変わるものがあり、それを放射性同位体または放射性核種と呼ぶ。このような原子からできている物質が放射性物質である。放射線を出したときに別の原子に変わることもあり、原子核崩壊という。放射性物質が放射線をどれくらい出すかが放射能で、その強さは時間とともに弱まる。元の半分になるのに要する時間は核種によって決まっており、半減期という。現在1900種類ほどの核種が知られているが、このうち約300種は自然界に存在する安定核種である。
(渥美好司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

かく‐しゅ【核種】
原子番号質量数・エネルギー状態によって特徴づけられる原子核あるいは原子の種類。原子番号が同じで質量数の異なるものを同位体といい、原子番号・質量数が同じでエネルギー状態の異なるものを核異性体という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

核種
 陽子と中性子の数,すなわち原子核の組成によって規定される種類.しばしば同位元素と混同して使われる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくしゅ【核種 nuclide】
原子核の状態すなわち原子番号Zおよび質量数Aで原子を分類したときの原子の種類をいう。現在までに核種は約1500ほどが知られているが,これを原子番号で分類すると約100種になり,これが元素で,同じ元素で質量数の違うものは同位体という。質量数すなわち重さのみに着目して分類すると約260種になり,質量数が同一の核種を同重体という。核種を示すには,元素記号の左上側に質量数A,左下側に原子番号Zを添える。たとえば天然に存在するウランは,のように示され,同位体が区別される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくしゅ【核種】
固有の原子番号・質量数・原子核のエネルギー状態によって区分される原子核または原子の種類。一つの元素には、一般に質量数の異なる数種の核種が存在し、互いに同位体と呼ばれる。また原子番号、質量数が等しいエネルギー状態が異なる核種は互いに核異性体という。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

核種
かくしゅ
陽子の数と中性子の数で特定される原子核の種類。原子核は陽子と中性子で構成されている。中性子は電荷をもたないが、質量は陽子とほとんど等しく、スピンも同じで、相互作用の性質も同じである。陽子の電荷は電子の電荷と符号が異なり大きさは同じである。原子は中性であり、原子番号Zの原子の原子核にはZ個の陽子が存在する。中性子の個数をNとするとZNが原子核を構成する核子数Aであり、核の質量にほぼ比例するため、Aを核の質量数ともいう。種類の異なった核種は、原子番号Z、中性子数N、質量数Aの三つのうち二つで区別される。通常、核種は質量数と原子番号で特定される。核種を表すには、元素記号を真ん中に、質量数を左上に書き、原子番号を左下に添える。たとえば酸素のもっとも安定な核種である酸素16(Oxygen-16)は168O、鉛の場合は鉛208(Lead-208)で20882Pbと表される。ほかに炭素14(Carbon-14)は146C、ウラン238(Uranium-238)は23892Uとなる。核種の分類でよく使われるものには、Zが同じでAの異なる同位核(アイソトープ)、Nが同じでAが異なる同中性子核、Aが同じでZが異なる同重核がある。現在約300種類の安定な核種の存在がわかっている。人工的に核種をつくることはできるが、崩壊する不安定な核種を入れると3000を超える核種が確認されている。理論的に存在が予測されている核種数は約7000であり、年々約40の割合で観測にかかる不安定な核種が増加している。[池田清美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核種」の用語解説はコトバンクが提供しています。

核種の関連情報

他サービスで検索

「核種」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation