@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

核酸分解酵素【かくさんぶんかいこうそ】

世界大百科事典 第2版

かくさんぶんかいこうそ【核酸分解酵素 nuclease】
生物は核酸(DNAやRNA)を合成する酵素と同時にそれを分解する酵素ももっている。核酸分解酵素は多種類の酵素の総称であり,これは高分子量の核酸を分解するもの(ポリヌクレオチダーゼ)と核酸の構成単位であるヌクレオチドヌクレオシドを分解する酵素に分類されるが,ここでは主に前者について述べる。核酸分解酵素の種類は合成酵素よりもはるかに多く,生命維持のために必要な,きわめて多様な役割を果たしている。 核酸分解酵素は,まず基質の種類(DNAかRNAか)によって大きくデオキシリボヌクレアーゼ(DNase)とリボヌクレアーゼ(RNase)に分けられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

核酸分解酵素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

核酸分解酵素の関連情報

関連キーワード

核酸逆転写酵素核酸RNAポリメラーゼ組換えDNA遺伝暗号リボ核酸DNA鑑定遺伝子クローニングと遺伝子増幅RNA干渉

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation