@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

根担保【ねたんぽ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

根担保
ねたんぽ
将来発生することが予想される不特定債権の弁済確保のため,あらかじめ設定される担保のこと。根抵当がその代表的なものであり,根質根保証なども根担保の一種である。根担保は現存しない債権のために設定されるものであり,担保権の付従性が緩和されたものといえる。また根担保は,通常は被担保債権の発生原因となる債権者債務者の間の取引の範囲と,被担保債権の限度額 (極度額) を定めて行われるが,取引の範囲を限定しない根担保 (包括根担保) が行われることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねたんぽ【根担保】
通常の担保においては人的担保(保証債務など)であれ物的担保(抵当権権など)であれ,被担保債権はその成立原因,種類,額などいずれも特定されており,その発生,存続消滅が担保権の発生・存続ないし実行・消滅の前提となっている。この意味でいわゆる付従性(〈担保物権〉の項参照)が支配している。これに対し,銀行とその取引先卸商小売商との間の継続的取引関係から発生する債権の担保のように,将来発生する可能性のある不特定多数の債権を担保するものを総称して根担保といい,実際には根保証根抵当,根質,根譲渡担保等の形でその有効性が認められている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

根担保
ねたんぽ

銀行と取引先との間の当座貸越契約などのように、継続的な取引関係がある場合に、契約期間中に発生し消滅する不特定多数の債権の残額をつねに担保しようとするもの。根抵当、根質(ねじち)、根譲渡担保、根保証の総称。通常の担保が、特定の債権のみを対象とし、それが消滅すれば担保も消滅するのと異なり、個々の債権の消長によって影響を受けない点に特徴がある。ところで、このような根担保は、たとえば銀行が特定の顧客に繰り返し金銭を貸し付ける場合には、そのたびに担保権を設定する必要がないという利点を有する。

 2004年(平成16)12月公布(2005年4月施行)の民法の現代語化に際しては、根保証契約のうちの貸金等根保証契約について、保証人の責任を制限する旨の規定が置かれた(民法465条の2以下)。これは、根保証契約が保証人に過大な責任を負わせることがあり、その責任を制限する必要があったことによる。

[高橋康之・野澤正充]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ね‐たんぽ【根担保】
〘名〙 継続的な取引関係から生ずる債務の一定額を担保とする根抵当、およびこれと同一の目的をもつ質・保証の総称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

根担保」の用語解説はコトバンクが提供しています。

根担保の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation