@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

根来寺【ねごろじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

根来寺
ねごろじ
和歌山県北部,岩出市中部にある新義真言宗本山根来大伝法院と号する。大治5 (1130) 年覚鑁高野山に大伝法院建立,鳥羽上皇の勅宣により金剛峯寺を兼任したが,一山の反対にあい金剛峯寺派との軋轢が生じたので,弘安9 (1286) 年に頼瑜,忠俊らが大伝法院を現在地に移転。その後僧兵を養い,一山の堂塔 2700余と称して栄えたが,天正 13 (1585) 年豊臣秀吉に焼き打ちされ壊滅した。江戸時代に入り,5代将軍徳川綱吉のときに再興された。室町時代に建立された多宝塔 (国宝) のほか,大師堂 (国指定重要文化財) ,不動堂などが残る。僧兵がつくり出した根来塗技法が,黒江塗輪島塗に伝えられたとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねごろ‐じ【根来寺】
和歌山県岩出市にある真言宗総本山。山号は一乗山。正しくは大伝法院。大治5年(1130)覚鑁(かくばん)高野山に開いた伝法院に始まる。のち、根来の豊福寺に移転。正応元年(1288)頼瑜(らいゆ)が大伝法院の堂塔をここに移し、新義真言宗の拠点としての根来寺が成立戦国時代には多数の僧兵根来衆を擁して豊臣秀吉対立し、焼き打ちされたが、紀州徳川家の外護により復興。天文16年(1547)完成の多宝塔は大塔形式をもつ遺構で国宝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

根来(ねごろ)寺
和歌山県岩出市にある寺院。新義真言宗総本山。正称は一乗山根来寺大伝法院。本尊大日如来。覚鑁(かくばん)が高野山にひらいた伝法院が起源。高野衆徒との対立により1288年に根来に移転、新義真言宗が成立。国宝「根本大塔」ほか、多数の文化財を有する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねごろでら【根来寺】
和歌山県那賀郡岩出町にある新義真言宗の本山。根来山大伝法院と号し,根来寺は通称覚鑁(かくばん)が1132年(長承1)高野山に建てた大伝法院に始まる。34年院宣により覚鑁が大伝法院と金剛峯寺の座主(ざす)を兼務したことで,金剛峯寺の衆徒と争いを生じ,覚鑁は40年(保延6)高野山からこの地に退き,新たに一乗山円明寺を興した。覚鑁の死後も金剛峯寺との対立は続き,ついに1288年(正応1)頼瑜(らいゆ)が高野山より大伝法院と密厳院などをここに移した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

根来寺
ねごろじ

和歌山県岩出(いわで)市根来にある新義真言(しんぎしんごん)宗の総本山。一乗(いちじょう)山根来寺大伝法院と号する。本尊は、大伝法堂(だいでんぼうどう)に安置される大日如来(だいにちにょらい)・尊勝(そんしょう)仏頂・金剛薩埵(こんごうさった)の3尊。高野山(こうやさん)を去った覚鑁(かくばん)はここに移り、円明寺、神宮寺などの諸堂を建立した。覚鑁亡きあと、1288年(正応1)頼瑜(らいゆ)が高野山より大伝法院と密厳院(みつごんいん)を根来に移し、従来の高野山教学とたもとを分かち、新義真言宗が成立するに至った。以後しだいに隆盛し、室町末期には大伝法院、密厳院、円明院をはじめ、坊舎80余、子院堂塔2700余棟を数えるに至り、領地70万石という大大名なみの勢力に発展した。南北朝時代のころから自衛のために僧兵を蓄えるようになり、その勢力は根来寺衆とよばれる武力集団と化し鉄砲を重要な戦力とした。1585年(天正13)豊臣(とよとみ)秀吉の紀州征伐によって多宝塔(大塔)、大伝法堂、大師堂を残し、全山すべて灰燼(かいじん)に帰した。根来の僧たちは京都の智積院(ちしゃくいん)と大和(やまと)(奈良県)の長谷寺(はせでら)に難を逃れて移り、それぞれの地に基礎を置いて新義真言宗智山(ちさん)派・豊山(ぶざん)派となり、両派おのおの全国に3000か寺を統括する学山となった。衰微した根来寺は江戸時代に至り紀伊藩徳川頼宣(よりのぶ)の外護(げご)と、護持院隆光僧正(ごじいんりゅうこうそうじょう)の尽力によってしだいに復興した。多宝塔は1480年(文明12)に着手、1547年(天文16)完成、67年間かかって建立されたもので、日本の木造の大塔のうち最大規模をもち国宝に指定されている。また大師堂は国重要文化財。不動堂には覚鑁が高野山より移した「きりもみ不動」を祀(まつ)る。そのほか光明真言殿、役行者堂(えんのぎょうじゃどう)、聖天堂、本坊、大門などの建物がある。本坊の庭園は国の名勝。当地の根来塗は有名。

[野村全宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

根来寺
(和歌山県岩出市)
関西自然に親しむ風景100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

根来寺
(和歌山県岩出市)
さくら名所100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねごろ‐じ【根来寺】
和歌山県那賀郡岩出町根来にある新義真言宗の総本山。その中心となる塔頭(たっちゅう)の一乗山大伝法院で代称される。大治五年(一一三〇)覚鑁(かくばん)が高野山に大伝法院などを建立したのにはじまるが、高野山金剛峯寺衆徒との対立が繰り返されて正応元年(一二八八)学頭頼瑜(らいゆ)が大伝法院などを根来に移し、古義に対して新義真言教学を主張した。当時の円明寺・大伝法院など四院からはじまって室町末期の最盛期には二千余院にも及んだ。南北朝時代以後、僧兵が勢力をふるい、天正一三年(一五八五)豊臣秀吉に焼き打ちされた。元和九年(一六二三)法住が徳川頼宣の保護を受けて中興。天文一六年(一五四七)再建の大塔(多宝塔)は国宝。根来。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

根来寺
ねごろじ
和歌山県那賀郡岩出町にある新義真言宗の総本山
正しくは大伝法院,根来寺は通称。1130年覚鑁 (かくばん) が高野山に創建したが,彼の死後根来に移る。最盛期には一山の諸堂坊舎2700余宇という。南北朝時代から僧兵の勢力が強く,戦国時代には鉄砲製造を行っていた。1585年豊臣秀吉に攻められ焼失したが,慶長年間(1596〜1615)に再興された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

根来寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

根来寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation