@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

根腐病【ねぐされびょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

根腐病
ねぐされびょう

作物の根や地下部の茎に糸状菌が寄生、被害部が褐色になって腐る。このため地上部の生育は悪くなり、葉は黄化または早期に落葉し、のちに立枯れになる。このような被害株は根はぼろぼろになり抜けやすくなる。立枯病によく似ていて区別がむずかしい場合が多く、病原も同一のものがあり、ある作物では立枯病、他の作物では根腐病とよばれるものもある。病原の種類は作物の種類によって異なるが、代表的なものとして、フザリウム・ソラニFusarium solaniによるインゲンマメおよびエンドウ根腐病、リゾクトニア・ソラニRhizoctonia solaniによるテンサイ、ダイコン、ニンジン、ヤマノイモなどの根腐病がある。土壌伝染するので、連作すると発生が多くなる。

[梶原敏宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねぐされ‐びょう ‥ビャウ【根腐病】
〘名〙 サトウダイコン、トマト、ジャガイモ、イチゴ、コンニャクその他でみられる根の病気。種々の病原菌により根が侵され、腐り、やがて枯れる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

根腐病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

根腐病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation