@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

格子振動【こうししんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

格子振動
こうししんどう
lattice vibration
結晶格子を構成している原子分子が,それらの安定な位置の付近で行う振動で,結晶内を波として伝わる。格子振動は波数ベクトルで指定される固有振動に分解される。波数ベクトルが零に近づく,すなわち長波長になると振動数が零に近づく振動は音波に相当し音響モードと呼ばれる。2種以上の原子を含む結晶では,音響モード以外に波数ベクトルが零に近づいても大きな振動数をもつ固有振動が存在し,これは光によって励起されやすいので光学モードと呼ばれる。格子振動を量子化するとフォノンと呼ばれる準粒子になる。赤外線吸収や中性子回折などによって研究される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうし‐しんどう〔カウシ‐〕【格子振動】
結晶格子格子点を中心とした原子イオン原子団などの微小な振動。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうししんどう【格子振動 lattice vibration】
固体の中では,原子はかってに動きまわっているのではなく,平衡位置のまわりで微小な振動をしている。この振動を格子振動という。固体の温度が高いということは,格子振動のエネルギーが大きく,振動の振幅が大きいことを意味している。したがって,格子振動は固体の比熱に寄与する。温度が高いとき,固体の比熱は物質によらずほぼ6cal・deg-1・mol-1(デュロン=プティの法則)になるが,これは,格子振動に対してエネルギー等分配の法則を適用して説明される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうししんどう【格子振動】
結晶格子を構成する原子が、それぞれの平衡位置の周りに行う微小振動。固体の熱運動の一種。格子振動を基準振動に分解し、量子化を行うことによって、格子振動は量子力学的にはフォノンの集まりとして扱われる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうし‐しんどう カウシ‥【格子振動】
〘名〙 結晶格子を構成する原子またはイオンが、それぞれのつり合う位置で行なう小振動。金属では電気抵抗の原因となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

格子振動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

格子振動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation