@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

格子縞【コウシジマ】

デジタル大辞泉

こうし‐じま〔カウシ‐〕【格子×縞】
格子状に縦横の線を表した模様。また、その織物。チェック。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうしじま【格子縞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

格子縞
こうしじま

縦・横の筋からなる複合縞模様。縞の数、大小、精粗、色の組合せから、大格子、二重格子、弁慶格子、紅格子、翁(おきな)格子、三枡(みます)格子、碁盤格子などの区別がある。織物のもっとも基本的な模様であることから、その歴史は非常に古い。また平安末期から鎌倉時代にかけての絵巻に登場する人物が着用している衣服の格子模様をみると、女・子供から高貴な人物に至るまで、きわめて広い層の人々に使用されていたことがわかる。この模様がとくに流行したのは江戸時代後期のことであった。格子の単純明快な形式が粋(いき)な江戸っ子気質(かたぎ)にあったのであろう。当時女性の着物や帯はもちろんのこと、男性も、能の厚板や道中合羽(かっぱ)、武士が裃(かみしも)の下に着た熨斗目小袖(のしめこそで)などに盛んにこの模様を愛用した。

村元雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうし‐じま カウシ‥【格子縞】
〘名〙 碁盤の目のように縦横に筋を現わした模様。また、その織物。格子筋。
※浄瑠璃・心中天の網島(1720)中「かぶる蒲団のかうし嶋、まだ曾根崎をわすれずかと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

格子縞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

格子縞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation