@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

格狭間【こうざま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

格狭間
こうざま
牙象 (げじょう) ,眼象 (げんじょう) ともいう。須弥壇 (しゅみだん) や仏壇などの基壇部の側面装飾するために施された (く) り物。脚を固定するための連結材が装飾化したもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐ざま〔カウ‐〕【格狭間/香狭間】
壇の羽目や台・露盤などの側面に彫り込んだ刳形(くりかた)の装飾。牙象(げじょう)。眼象(げんじょう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうざま【格狭間】
器物の台脚,建築の基壇,須弥壇(しゆみだん),彫刻の台座などに用いる装飾の一種。香様とも書く。中国漢代に台の水平材を支える垂直材の上下をひろげ補強する刳形(くりかた)(モールディング)をいれたことから始まる。日本では7世紀にその例があり,初めは左右別材につくるが,8世紀に下端の中央が開いた一材になり,平安時代に中央に蓮華文鳳凰文をいれるものがつくられ,鎌倉時代以後中央をくりぬいたような複雑な文様に発達する(図)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

格狭間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

格狭間の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation