@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桁網【けたあみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

桁網
けたあみ
木,またはでできた枠を口に取付けた袋状の網。船上から1本の引綱で引っぱり,海底をかきまわしながら獲する。桁は高さ 30cm,幅 1.3m程度のもので,枠の下の部分に鉄製櫛状に取付けてある。この爪で海底の砂泥をかき起し,貝類えいかに,えび,平目,かれい類などを漁獲する。大型のものでは桁の長さが 10~15mに及ぶものがある。同時に8個程度の桁網を引網する場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けた‐あみ【桁網】
引き網の一。鉄や木の枠につめを付けたものを袋網の口に付け、で引いて海底の砂泥を掘り起こし、エビシャコなどを捕る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けたあみ【桁網】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けたあみ【桁網】
袋状の網口を金属や木の枠で固定した引き網。枠の下辺に歯をつけたものもあり、海底をかき起こして、貝類・エビ・ナマコ・シャコなどの漁に用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

桁網
けたあみ
漁具の一種。引網に属する漁具で、コの字型をした鉄製の枠に袋状の網と錘(おもり)がつき、桁の海底に接する下辺は20~40本のつめがある場合が多い。操業方法は桁網を引航し、引航中、桁のつめの向きは上下運動を繰り返し、砂や泥中の貝類など底生動物を掘り起こしながら進行する。桁網には貝桁、ナマコ桁、石桁、エビ桁、万牙(まんが)などいろいろある。大きさには限界があり、桁枠の幅1~3メートル、高さ20~30センチメートル、網の長さは2~3メートルのものが多い。[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けた‐あみ【桁網】
〘名〙 船を航行させながら袋状の網を引く引網漁具の一つ。網の口に長方形の桁をとりつけ、網の開口を固定させたもの。桁の上部には軽い木または竹を用い、海底をこする下部の桁には樫材を用いる。内海の浅い泥砂の海で、エビ、カニ、シャコ、ナマコ、赤貝などの漁に用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桁網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桁網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation