@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ケタ】

デジタル大辞泉

けた【桁】
家などで、柱の上に横に渡して垂木(たるき)を受ける材。梁(はり)と打ち違いになる。
橋で、柱脚上の長手方向にあって橋板を支える水平材。はしげた。
そろばんの珠(たま)を縦に貫く串(くし)のような棒。
位取り記数法によって数を表したときの、並んでいる数の位置。位(くらい)。「を間違える」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう【桁】[漢字項目]
常用漢字] [音]コウ(カウ)(漢) [訓]けた
〈けた〉
柱や橋脚などの上にかけわたす横木。「軒桁橋桁
そろばんの玉をつらぬく棒。転じて、数の位。くらいどり。
〈コウ〉衣装掛け。「衣桁

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けた【桁 girder】
建物,橋などにおいて,屋根,床などの荷重を柱,橋脚などの鉛直部材まで伝えたり,柱上部を拘束する目的で水平にかけわたされた部材の名称元来は,水平部材のうち,構造物の短辺方向にかけわたしたものを梁(はり),梁に交差する方向に配置され,梁を受ける部材を桁と呼んでいた。最近では特別な場合を除き区別しないことが多いが,木造建築においては,梁と区別し,小屋梁および垂木を受ける部材を指し,用途または部位を冠して,敷桁,軒桁などと呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けた【桁】
建物・橋などで柱・橋脚などの上に横に渡して上部の構造体をささえる横架材。 橋- 井-
数値をある進法に従い、アラビア記数法に準じて表記したときの、各数字の並びの位置。また、並びの個数を数える単位。 有効数字四- 三-の数
そろばんの珠たまを貫く棒。
[句項目] 桁が違う 桁がはずれる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

けた【桁】
橋や建物などの構造物の柱頭をつなぎ、上部の荷重を支える水平部材。特に、木造の日本建築では、棟(むね)と平行に渡して垂木(たるき)を受けるものをいい、棟と直角に渡す梁(はり)と区別する。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


けた
girder
水平にかけ渡された梁(はり)で、とくに大規模なもの、構成が複雑なもの、または他の梁を支持する役割を果たすものをいう。梁形式の橋を桁橋(けたばし)といい、主桁、縦桁および横桁で構成される。木造真壁(しんかべ)造や大壁(おおかべ)造では、軒に沿う方向の外周柱の上に水平にかけ渡される横材で、柱頭を連結し、かつ小屋梁や小屋トラスの端部を支持するものを軒桁という。[中村恒善]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けた【桁】
〘名〙
① 家や橋などの柱の上に渡してその上にのせる梁(はり)を受けさせる材木。桁貫。
※万葉(8C後)一一・二六四四「小墾田(をはりだ)の板田の橋の壊れなば桁(けた)より行かむな恋ひそ吾妹(わぎも)
② かたわら。そば。
※堀河百首(1105‐06頃)春「とりつなげ玉田横野の放れ駒つつじがけたにあせみ花咲く〈源俊頼〉」
③ そろばんの珠を貫く縦の串。また、そろばんの位取り。
※浮世草子・好色万金丹(1694)五「そろばんの桁(ケタ)が違ふた」
④ 一、十、百、千などの数の位。位取り。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉五「国を富ますが専要と、胸勘定の桁(ケタ)をつばめて」
⑤ 「ほげた(帆桁)」の略。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑥ 木または鉄製の枠でできた漁具。海底をひきまわし、これについている爪(つめ)で貝類をかきおこし、また、テングサなどをかきとる。→桁網(けたあみ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


けた
」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation