@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桂三木助【カツラミキスケ】

デジタル大辞泉

かつら‐みきすけ【桂三木助】
[1902~1961]落語家。3世。東京の生まれ。本名、小林七郎。繊細な芸風で人気を得た。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かつらみきすけ【桂三木助】
落語家。(1)初代は2代目桂文枝(ぶんし)の前名で真打名前ではない。(2)2代(1894‐1943∥明治27‐昭和18) 本名松尾福松。上方の2代南光門下。三木助襲名後に上京して橘家円喬に師事し,東西落語に精通した。(3)3代(1902‐61∥明治35‐昭和36) 本名小林七郎。はじめ柏枝(はくし)時代の春風亭柳橋門下。のち大阪へ行って2代三木助に師事して三木男を名のり,一時日本舞踊に転じたが,東京落語界に復帰して橘ノ円(まどか)を経て3代目襲名。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

桂三木助
かつらみきすけ
落語家。

初代

生没年不詳。初め桂南光、のち初代三木助となり、さらに2代目桂文枝(ぶんし)となる。[関山和夫]

2代

(1884―1943)本名松尾福松。2代桂南光門に入って手遊(おもちゃ)。のち2代目三木助襲名。昭和初期における上方(かみがた)落語界の重鎮で、『網舟(あみぶね)』『立切れ』などを得意とした。[関山和夫]

3代

(1902―61)本名小林七郎。春風亭柏枝(はくし)(のち6代目柳橋(りゅうきょう))に入門し、柏葉、小柳を経て大阪へ行き、2代目三木助門下となって三木男。東京へ帰って橋之助、柳昇、小柳枝と改め、一時期、日舞の師匠もしたが、落語界に復帰して橘ノ円(たちばなのまどか)。1950年三木助を襲名。『芝浜(しばはま)』『三井(みつい)の大黒(だいこく)』『ざこ八』などを得意とし、それらは『桂三木助集』(1963・青蛙房)に残されている。[関山和夫]

4代

(1957―2001)本名小林盛夫。3代の長男。5代目柳家小さん門下となり小太郎、小きんを経て1985年(昭和60)4代目三木助襲名。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かつら‐みきすけ【桂三木助】
落語家。
[一] 二代。本名、松尾利雄。二代桂南光、橘家円喬(たちばなやえんきょう)に師事。東西落語の生き字引と称され舞踊にも巧みであった。明治二七~昭和一八年(一八九四‐一九四三
[二] 三代。本名、小林七郎。前名、柳昇、小柳枝、橘の円(まどか)。春風亭柳橋、二代三木助に師事。江戸前の繊細な芸風で人気を得た。明治三五~昭和三六年(一九〇二‐六一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂三木助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桂三木助の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門新藤兼人朝鮮映画川島雄三鈴木清順久松静児深作欣二マキノ雅広森一生[各個指定]芸能部門

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation